クラッシュ・ロワイヤル ゲーム

【クラロワ】アジアリーグ シーズン2「参考になるペッカ攻城デッキ」

 どうも、IGです。今回は「クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 Match1 Bren Esports vs GameWith SET2 1on1 Trainer Ken vs KK」の試合を考察していきます。Bren EsportsのTrainer Ken選手は、自他共に認めるペッカデッキの使い手です。対するGameWithのKK選手は、先日行われた世界大会でも勝利を収めており、世界トップクラスの選手です。両者共に非常に上手いプレイヤーなので、彼らのテクニックに注目しながら1試合ずつ振り返っていきましょう。

 

クラロワリーグ アジア2019 シーズン2の概要

  • 日本、韓国、東南アジアが所属
  • 日本の4チームを含めた計12チームで構成
  • 各チームには4~6名の「プロ選手」が所属
  • 各チーム2名までアジア地域以外の選手枠を起用可能
  • 全12チームはグループA、Bに6チームずつ分けられる
  • 各グループ上位4チームがプレイオフに進出
  • プレイオフはダブルエリミネーション方式
  • 1マッチに対して4名エントリー
  • 2セット先取で勝利(最大3セット)
  • 1v1(KOH)はBANなし、2v2はBANピックルールを採用
  • 各ゲーム タイブレーカールールを採用
  • SET 1 2on2 各チーム2名選出
  • SET2 1on1 各チーム1名選出
  • SET3 KING OF HILL(1on1の勝ち抜き戦) 各チーム3名選出

 

MATCH1 Bren Esports vs GameWith

  • GAME1 31:22~
  • GAME2 39:19~
  • GAME3 45:52~

 

 

SET2 1on1

Bren Esportsメンバー Trainer Ken選手

GameWith:メンバー KK選手

 

GAME1 デッキ構成

Trainer Ken選手のデッキ構成

ゴブリンの檻入り攻城バーバリアンデッキです。

 

KK選手のデッキ構成

ゴブリンの檻入りゴーレムデッキです。

 

GAME1 試合の流れ

序盤の流れ

引用:クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 Group B Match1~3/Youtube

序盤、お互いにユニットを出していくが、キーカードとなるカードは出されないまま試合が進む。繰り返される攻防の中、KK選手が少しずつアドバンテージをとっていく。

序盤はKK選手が有利な状況。

 

中盤の流れ

引用:クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 Group B Match1~3/Youtube

中盤、アドバンテージをとったKK選手がゴーレムを後ろから展開。Trainer Ken選手はすかさず、逆サイドにアサシンユーノ+攻城バーバリアンで速攻を仕掛けて攻めの形を作らせない。しかし、KK選手はダメージをある程度許容して、ゴーレムの後衛にベビードラゴンを出して攻めの形を作り、タワーにダメージを与えていく。Trainer Ken選手はダメージを与えられてしまうものの、しっかりとカウンターに繋げる。結果的に両サイドのタワーに対して多くのダメージを与えたのはTrainer Ken選手。

中盤はTrainer Ken選手が有利な状況。

 

終盤の流れ

引用:クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 Group B Match1~3/Youtube

終盤、KK選手は橋前にゴーレムを展開し、少し体力が残ったタワーに強引に攻撃を仕掛けていくがタワーを折ることはできず。KK選手はゴーレムを簡単に処理されたことによってアドバンテージを大きくとられてしまい、防戦一方のまま試合が進んでいく。

最後はファイアーボールでタワーを折り、1vs0でTrainer Ken選手の勝利。

WINNER Trainer Ken選手

 

GAME1 試合考察

 Trainer Ken選手は、ゴーレムを出したタイミングで逆サイドに攻撃するという基本的なことを、忠実に行い勝利することができました。KK選手は橋前にゴーレムを出した時にタワーを折り切ることができなかったのが痛かったですね。橋前にゴーレムを出すこともあの状況では間違いではなかったと思うので、純粋にTrainer Ken選手の方が1枚上手でした。

 

 

GAME2 デッキ構成

Trainer Ken選手のデッキ構成

ゴブリンの檻入り攻城バーバリアンデッキです。

 

KK選手のデッキ構成

ゴブリンの檻入りスケラデッキです。

 

GAME2 試合の流れ

序盤の流れ

引用:クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 Group B Match1~3/Youtube

序盤、お互いにユニットを出していくが、今回もキーカードとなるカードは出されないまま試合が進んでいく。

序盤は五分の状況。

 

中盤の流れ

引用:クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 Group B Match1~3/Youtube

中盤、KK選手がリベンジゴブリン+メガガーゴイルに合わせてスケルトンラッシュを発動。Trainer Ken選手が防衛で出した3体のユニットにポイズンをうまく発動し、大きくダメージを与えて尚且つカウンターも許さない。

中盤はKK選手が有利な状況。

 

終盤の流れ

引用:クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 Group B Match1~3/Youtube

終盤、Trainer Ken選手の攻撃に対して、KK選手はダメージを許容しながら防衛し、しっかりとカウンターの形を作っていく。

最後はスケルトンラッシュ+ポイズンで大きくダメージを与え、1vs0でKK選手が勝利。

WINNER KK選手

 

GAME2 試合考察

 ダメージを許容するKK選手の防衛が非常に上手かったです。ここまでのプレイをされると逆転する可能性は0に近いでしょう。タワーの体力に余裕がある時はダメージを許容することで、攻撃が通りやすくなるので参考にしたいですね。スケラデッキは、体力が多いユニットにタワーのターゲットを向かせてからスケルトンラッシュを発動させることで真価を発揮するのですが、KK選手はそれを完璧にこなしていました。今回の試合ではKK選手が基本的なことを忠実に行い、勝利していました。

 

 

GAME3 デッキ構成

Trainer Ken選手のデッキ構成

ペッカ攻城デッキです。

 

KK選手のデッキ構成

ロイジャイデッキです。

 

GAME3 試合の流れ

序盤の流れ

引用:クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 Group B Match1~3/Youtube

序盤、お互いにユニットを出して様子見をする中、Trainer Ken選手がアサシンユーノの突進攻撃、ポイズンによってタワーにダメージを与えていく。

序盤はTrainer Ken選手が有利な状況。

 

中盤の流れ

引用:クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 Group B Match1~3/Youtube

中盤、Trainer Ken選手はペッカで防衛しながら逆サイドにユニットを出し、両サイドに攻撃を仕掛けていく。KK選手は苦しい防衛が続き、両サイドのタワーに大きくダメージを与えられてしまう。

中盤もTrainer Ken選手が有利な状況。

 

終盤の流れ

引用:クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 Group B Match1~3/Youtube

終盤、劣勢のKK選手はこのGAME初となるロイヤルジャイアントを出して攻撃を仕掛けていくが、Trainer Ken選手は素早くペッカを出して処理。攻撃を少しも許さない。

終始優勢な状況を維持し、1vs0でTrainer Ken選手が勝利。

WINNER Trainer Ken選手

 

GAME3 試合考察

 Trainer Ken選手は最初から最後まで攻め続け、KK選手に攻めの形を作らせませんでした。ペッカとダークプリンスに対してオーブンや盾の戦士を使ってしまい、攻城バーバリアンやアサシンユーノによる攻撃を防ぐことができなかったのが今回の敗因でしょう。ペッカデッキを使用する際は、相手がロイヤルジャイアントを出して攻撃してくるまで、ペッカを温存するというのが基本戦術の1つですが、Trainer Ken選手は攻めるために先にペッカを出していました。カウンター性能が高いペッカをあえて先に出して攻めるという、非常にタイミングが難しい戦術が刺さり、試合の勝敗を決定づけることになりました。Trainer Ken選手のセンスが光った試合でしたね。

 

 

MATCH1 SET2 の感想

 Match1 SET2 1on1の勝者は、Bren Esports Trainer Ken選手となりました。Trainer Ken選手のアサシンユーノと攻城バーバリアンの使い方が非常に上手く、KK選手は対応することができないまま試合が終わってしまいました。敗れたKK選手は、ほとんどミスが無かったので、Trainer Ken選手の方が今回は1枚上手だったと言えるでしょう。今シーズンは前シーズンと違い、1on1においてBANルールが適用されないので、次戦以降、Trainer Ken選手と戦う際は攻城バーバリアンとアサシンユーノの対策が必要になりそうです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
IG

IG

ライター歴1年のIGです。個人でもFPSサイトを運営しており、特に攻略系の記事が得意で、初心者が少しでも上手くなれるよう意識して執筆していきます。

Copyright© eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト , 2019 All Rights Reserved.