クラッシュ・ロワイヤル ゲーム

【クラロワ】アジアリーグ シーズン2「KOHで3タテ、圧倒的な強さ」

クラロワ201909090501

 どうも、IGです。今回は「クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 Match1 Bren Esports vs GameWith SET3 KOH」の試合を考察していきます。今回のKOHではBren EsportsのManong Jhipee選手が圧倒的な強さを見せつけました。彼のプレイングに注目しながら、1試合ずつ振り返っていきましょう。

 

 

クラロワリーグ アジア2019 シーズン2の概要

  • 日本、韓国、東南アジアが所属
  • 日本の4チームを含めた計12チームで構成
  • 各チームには4~6名の「プロ選手」が所属
  • 各チーム2名までアジア地域以外の選手枠を起用可能
  • 全12チームはグループA、Bに6チームずつ分けられる
  • 各グループ上位4チームがプレイオフに進出
  • プレイオフはダブルエリミネーション方式
  • 1マッチに対して4名エントリー
  • 2セット先取で勝利(最大3セット)
  • 1v1(KOH)はBANなし、2v2はBANピックルールを採用
  • 各ゲーム タイブレーカールールを採用
  • SET 1 2on2 各チーム2名選出
  • SET2 1on1 各チーム1名選出
  • SET3 KING OF HILL(1on1の勝ち抜き戦) 各チーム3名選出

 

MATCH1 Bren Esports vs GameWith SET3 KOH

  • GAME1 54:01~
  • GAME2 1:00:51~
  • GAME3 1:06:02~
  • GAME4 1:12:40~

 

Bren EsportsGameWith
1.Pupu1.Yakitori
2.Manong Jhipee2.Blossom
3.Jaii3.KK

 

 

GAME1 メンバー

Bren Esports:1.Pupu選手

GameWith:1.Yakitori選手

 

GAME1 デッキ構成

Pupu選手のデッキ構成

メガナイトロイヤルホグデッキです。

 

Yakitori選手のデッキ構成

2.9クロスボウデッキです。

 

GAME1 試合の流れ

序盤の流れ

引用:クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 Group B Match1~3/Youtube

序盤、Pupu選手がゴブリンの檻を展開したタイミングで、Yakitori選手はすかさずクロスボウを自陣中央に出し、ゴブリンの檻を処理していく。一方のPupu選手は、リベンジゴブリンに合わせてロイヤルホグを出し、クロスボウを処理していく。

序盤は五分の状況。

 

中盤の流れ

引用:クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 Group B Match1~3/Youtube

中盤、Yakitori選手はマジックアーチャーに対してファイアーボールで処理を試みるが外してしまい、痛恨のミス。マジックアーチャーが生き残り、エリクサーアドバンテージをとったPupu選手は、メガナイトを橋前に出して一気にタワーに攻撃を仕掛けていく。Yakitori選手も1コストのアイススピリットやスケルトンを冷静に出して、ダメージを最小限に抑える。

中盤はPupu選手が有利な状況。

 

終盤の流れ

引用:クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 Group B Match1~3/Youtube

終盤、Yakitori選手は防衛するためにクロスボウを出し、それを延命することで有利な状況をつくっていく。クロスボウを2つ展開し、圧倒的に有利な状況をつくり出すことに成功。

クロスボウで大きくダメージを与え、最後はファイアーボールでタワーを折り、1vs0でYakitori選手の勝利。

WINNER Yakitori選手

 

GAME1 試合考察

 Yakitori選手がファイアーボールを外してしまったタイミングで一気に攻められ、厳しい状況になったと思いましたが、完璧な防衛を行ってミスをすぐに挽回しました。そして、攻撃ではなく防衛でクロスボウを出し、アドバンテージをとってから攻める戦術が見事に刺さりました。冷静沈着に試合を進めていったYakitori選手の見事な勝利でした。

 

 

GAME2 メンバー

Bren Esports:2.Manong Jhipee選手

GameWith:1.Yakitori選手

 

GAME2 デッキ構成

Manong Jhipee選手のデッキ構成

メガナイトデッキです。

 

Yakitori選手のデッキ構成

ラヴァハウンドデッキです。

 

GAME2 試合の流れ

序盤の流れ

引用:クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 Group B Match1~3/Youtube

序盤、Yakitori選手は初手からラヴァハウンドを展開し、攻撃を仕掛けていくがManong Jhipee選手はメガガーゴイル、エレクトロウィザードなどを使ってしっかりと防衛していく。

序盤は五分の状況。

 

中盤の流れ

引用:クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 Group B Match1~3/Youtube

中盤、Yakitori選手が再びラヴァハウンドを展開して攻撃を仕掛けていくが、Manong Jhipee選手は待っていたと言わんばかりにメガナイトを逆サイドに出して速攻を仕掛ける。Yakitori選手はインフェルノドラゴンで防衛を試みるが、Manong Jhipee選手は素早くエレクトロウィザードをメガナイトの後衛に出してインフェルノドラゴンを処理、タワーに大きくダメージを与えていく。

中盤は、両サイドに大きくダメージを与えたManong Jhipee選手がかなり有利な状況。

 

終盤の流れ

引用:クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 Group B Match1~3/Youtube

終盤、Yakitori選手は再三ラヴァハウンドで攻撃するがことごとく防衛されてしまい、カウンターによって逆にダメージを与えられてしまう。

最後はメガナイトの攻撃によってタワーを折ることに成功し、1vs0でManong Jhipee選手が勝利。

WINNER Manong Jhipee選手

 

GAME2 試合考察

 Manong Jhipee選手はインフェルノドラゴンに対して、エレクトロウィザードを的確に出すことで簡単に処理することができました。特にメガナイトで攻撃する際は、インフェルノドラゴンで防衛してくることを予測して、素早くエレクトロウィザードを後衛に出していました。Manong Jhipee選手は相手の防衛方法を分析するのが非常に速く、Yakitori選手はお手上げ状態になってしまいました。

 

 

GAME3 メンバー

Bren Esports:2.Manong Jhipee選手

GameWith:2.Blossom選手

 

GAME3 デッキ構成

Manong Jhipee選手のデッキ構成

ペッカ攻城デッキです。

 

Blossom選手のデッキ構成

ラヴァハウンドデッキです。

 

GAME3 試合の流れ

序盤の流れ

引用:クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 Group B Match1~3/Youtube

序盤、Manong Jhipee選手はペッカ+攻城バーバリアンを出して積極的に攻撃を仕掛けていくが、Blossom選手は落ち着いて防衛していく。

序盤は五分の状況。

 

中盤の流れ

引用:クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 Group B Match1~3/Youtube

中盤、Blossom選手がラヴァハウンドを展開した瞬間に、Manong Jhipee選手は逆サイドにペッカ+攻城バーバリアンで速攻を仕掛け、若干のダメージを与えていく。逆サイドの防衛にエリクサーを使ったので、Blossom選手のラヴァハウンドは簡単に防衛されてしまう。

中盤はManong Jhipee選手が少し有利な状況。

 

終盤の流れ

引用:クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 Group B Match1~3/Youtube

終盤、Manong Jhipee選手は両サイドに攻撃を仕掛けていくが、Blossom選手はゴブリンの檻で中央にユニットを誘導し、ベビードラゴンでまとめて処理していく。しかし、Blossom選手がカウンターに繋げようとラヴァハウンドを展開した瞬間に、Manong Jhipee選手はすかさず逆サイドを攻めてタワーに大きくダメージを与えることに成功する。

最後はBlossom選手のラヴァハウンドの攻撃がタワーに届く前に、Manong Jhipee選手がポイズンでタワーを折り、1vs0で勝利。

WINNER Manong Jhipee選手

 

GAME3 試合考察

 Manong Jhipee選手は試合開始から終了するまで、ラヴァハウンドを出された瞬間に逆サイドに速攻を仕掛けることを徹底していました。そして、防衛にエリクサーを使わせて残ったラヴァハウンドを単体で処理することで、Blossom選手の攻撃を無効化していました。Manong Jhipee選手が試合の流れを終始掴んで離さなかったと言えるでしょう。

 

 

GAME4 メンバー

Bren Esports:2.Manong Jhipee選手

GameWith:3.KK選手

 

GAME4 デッキ構成

Manong Jhipee選手のデッキ構成

メガナイトデッキです。

 

KK選手のデッキ構成

ライトニングドラゴン入りゴーレムデッキです。

 

GAME4 試合の流れ

序盤の流れ

引用:クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 Group B Match1~3/Youtube

序盤、お互いにユニットを出し合い様子見をする中、Manong Jhipee選手がメガナイト+エレクトロウィザードの形を作って攻撃。KK選手はメガナイトのターゲットを集める地上ユニットが枯渇しており、タワーに大きくダメージを与えられてしまう。

序盤はManong Jhipee選手が有利な状況。

 

中盤の流れ

引用:クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 Group B Match1~3/Youtube

中盤、KK選手が後ろからゴーレムを展開。対して、Manong Jhipee選手はゴブリンの檻を出して防衛の体制を敷き、ダメージを最小限に抑えることに成功。

中盤もManong Jhipee選手が有利な状況。

 

終盤の流れ

終盤、KK選手は防戦一方の状態に陥るが、防衛でアドバンテージをとってカウンターに繋げていき、橋前に続々とユニットを出してダメージを与えることに成功する。

アドバンテージをとったKK選手は猛攻を仕掛けていくが、Manong Jhipee選手はうまく防衛しながら少しずつ呪文でタワーにダメージを与えていく。

最後はKK選手がトルネードを間違えて発動してしまい、Manong Jhipee選手がその隙にタワーを折り、1vs0で勝利。

WINNER Manong Jhipee選手

 

GAME4 試合考察

 序盤の様子見をする段階で、KK選手が地上ユニットを2体出したことを確認したManong Jhipee選手は、メガナイトを出してカウンターに繋げていき、大きくダメージを与えることに成功しました。Manong Jhipee選手はこういった状況分析が非常に上手かったですね。しかし、KK選手も最初にとられたアドバンテージが無かったら勝っていてもおかしくなかったように思えます。KK選手がゴーレムを展開する際に、相手のエリクサー状況をしっかりと見計らってから出すタイミングが非常に上手かったので参考にしたいですね。

 

 

MATCH1 SET3 KOHの感想

 Match1 SET3 KOHの勝利チームは、Bren Esportsとなりました。Manong Jhipee選手が圧倒的な強さを見せつけ、GameWithは3タテを食う結果になりました。GameWithは、3試合全てにおいて大型ユニットを軸としたデッキ(ラヴァハウンド、ラヴァハウンド、ゴーレム)を使用しており、どの試合においても満足に攻めの形を作ることができずに敗れてしまいました。また、攻めの形を作ったときもしっかりと防衛されており、Manong Jhipee選手の防衛の巧さを考えると大型ユニットを入れたデッキを使用することは今後見直した方が良いかもしれませんね。

 

 

Bren Esports「Manong Jhipee」選手の他試合
アジアリーグ「勝つために必要な細かい技術が学べる試合」

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
IG

IG

ライター歴1年のIGです。個人でもFPSサイトを運営しており、特に攻略系の記事が得意で、初心者が少しでも上手くなれるよう意識して執筆していきます。

Copyright© eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト , 2019 All Rights Reserved.