ゲーム レインボーシックス

【レインボーシックス シージ】Y4S3「エンバーライズ」開幕

R6S_オペレーション エンバーライズ

 こんにちは、Ioriです。レインボーシックス シージにて、Year4 Season3「OPERATION EMBER RISE(オペレーション エンバーライズ)」が開幕しました。

 ハッチを下から上に昇る能力の「AMARU」、シールドを3つ設置できる「GOYO」、戦術を大幅に変える2人のオペレーターが参戦し、シージに新たな風を吹き込みます。また、今回のマップリワークでは「運河」が改築され、カジュアル・ランク共にマップ数も減少しました。そしてオペレーターやゲームバランス全般に関する調整もされ、今シーズンはついにバトルパスシステムも導入されます。

※この記事に掲載する一部の画像や文章は「レインボーシックス シージ 公式サイト」より引用しております。

 

 

新オペレーター登場

 ペルーとメキシコから新たな二人のオペレーターが参戦します。

攻撃側オペレーター「AMARU」

R6S_アマル

引用:レインボーシックス シージ公式「オペレーション エンバーライズ」

固有アビリティ「ガラフック」

  • 開いているハッチやラぺリングポイントに素早くアクセスしたり、屋外の窓から侵入できる伸張性の高いグラップリングガン。

 壁や窓にグラップリングし、驚異的な速度で建物内へ突入できる能力です。ハッチを下から上に昇ることが可能で、これまでのR6Sの常識を覆しました。フックには射程がありますが、距離を詰めれば地上から3階の窓にも届きます。また、突入時にはキックによる攻撃判定が有ります。

  • 回数制限:4回
  • クールタイム:8秒
  • ガラキックのダメージ:一撃必殺
  • 地下→2階など、2つのハッチを越して移動することは不可能。

プロフィール

  • 本名:アスセナ・ロシオ・キスペ 
  • 誕生日:5月6日(48歳)
  • 出身:ペルー、コハタ

ステータス・装備品

  • アーマー:2
  • スピード:2
  • メインウェポン:
    • ライトマシンガン「G8A1」
    • ショットガン「SUPERNOVA」
  • サブウェポン:
    • ショットガン「ITA125」
    • サブマシンガン「SMG11」
  • ガジェット:
    • 「ブリーチングチャージ」
    • 「クレイモア」

 

防衛側オペレーター「GOYO」

R6S_ゴヨ

引用:レインボーシックス シージ公式「オペレーション エンバーライズ」

固有アビリティ「ボルカンシールド」

  • 破壊されると爆発する焼夷爆弾が展開型シールドに装着されている。

 「ボルカンシールド」は普通の展開型シールドとして使用できるほか、爆弾を起爆して通路一体を燃焼させることが可能です。シールド所持数が3つで、燃焼範囲も広く、時間も長く、ダメージも大きいため、攻撃側からすれば非常に厄介な存在です。

  • 所持数:3セット(展開型シールド+焼夷爆弾)
  • 焼夷爆弾の燃焼時間:13秒
  • 燃焼のティックダメージ:12

プロフィール

  • 本名:セザール・ルイス・エルナンデス
  • 誕生日:6月10日(31歳)
  • 出身:メキシコ、クリアカン・ロサレス

ステータス・装備品

  • アーマー:2
  • スピード:2
  • メインウェポン:
    • サブマシンガン「VECTOR.45 ACP」
    • セミオートショットガン「TCSG 12」
  • サブウェポン:
    • ハンドガン「P229」
  • ガジェット:
    • 「インパクトグレネード」
    • 「ニトロセル」

 

 

マップリワーク「運河」

R6S_運河リワーク

引用:レインボーシックス シージ公式「オペレーション エンバーライズ」

 前回の「カフェ・ドストエフスキー」リワークに引き続き、登場から長らく経つ「運河」がリワークされました。不足していた要素が追加され、以前よりもプレイヤーが立ち回りやすいマップへと改良されています。

  • 東西の建物の往来に使える橋が2本に増加。
  • 2つ階段が追加。
  • 各建物がコールアウトしやすいように色分け。
  • 屋内のプレイ可能エリアが増加・拡張。
  • 爆弾位置が変更。
    • キッチン:新通路の開通したセキュリティルームへ移送。
    • 無線室:拡張されたラウンジルームへ移送。
    • レーダールームとサーバールーム:変更なし。
    • 新たな爆弾位置が追加:備品室とカヤックへ設置。

 

 

マップローテーションの変更

R6S_マップローテーション

引用:レインボーシックス シージ公式「オペレーション エンバーライズ」

 今シーズンからマップ数が減少します。カジュアルでは20から14へ、ランク・アンランクでは14から12へ。

カジュアル

 カジュアルプレイリストではマップ削除に加えて、新ローテーションシステムが実装されて毎月3マップが入れ替わります。

  • シーズン開始時に削除されたマップ:
    • 民家
    • 大統領専用機
    • ヨット
    • ファベーラ
    • テーマパーク
    • タワー
  • 1ヶ月後のローテーション内容:
    • 削除:
      • 高層ビル
      • 要塞
      • オレゴン
    • 追加:
      • 民家
      • 大統領専用機
      • タワー

ランクマッチ

  • 削除されたマップ:
    • ヘレフォード基地
    • テーマパーク
    • 要塞
  • 追加されたマップ:
    • リワークされた運河

マップに関するその他の変更点

  • ナイトモードがカスタムゲームでのみプレイ可能に。
  • テーマパークがシーズン4でのリワークに備えて全プレイリストから一時削除。

 

 

既存オペレーターのバランス調整

R6S_エンバーライズ オペレーター

引用:レインボーシックス シージ公式「オペレーション エンバーライズ」

 シーズン開始直前に公開されたY4S3デザイナーズノートに記載されていたバランス調整が適用されました。

 

 

全般的な調整・修正

ゲームバランス調整

  • 「展開型シールド V2」が実装。
  • 電子ガジェットの使用不可状態が表示:「EMPグレネード」効果中、防衛側にTHATCHERのデバフアイコンが実装。
  • 爆弾ルールにおいて、ディフューザーの設置時間と停止時間がそれぞれ5秒から7秒に増加。

プレイヤーコンフォート

  • CAPITAO:「窒息ガスボルト」が撤廃し、ガラスボルトのみに置き換え。
  • ランク制限:MMR制限が実装。パーティーでランクをプレイする際、MMRの格差は最大1000MMRポイントまでに変更。
  • 飛び越え距離:飛び越え距離が2.5メートルから2メートルに短縮。

 

 

バトルパスが導入

R6S_バトルパス

引用:レインボーシックス シージ公式「オペレーション エンバーライズ」

 ついにバトルパスシステムがレインボーシックス シージにも登場します。バトルパスは2段階に分けて展開されます。

  • フェーズ1:今シーズンに無料のミニバトルパス「all me Harry」が実装。
    • プレイすることでバトルポイントが貯まり、クラスやリワードがアンロック。
    • パスを完了すると限定のHarryチビチャームを入手。
  • フェーズ2:Season 4の期間中に正式バトルパスがローンチ。

 

 

「アンランクマッチ」プレイリストが実装

R6S_アンランク

 プレイヤーの成長を助長するため、新プレイリスト「アンランクマッチ」が追加。

  • 「アンランクマッチ」はマルチプレイのプレイリスト。
  • ランクマッチのプレイリスト設定。
  • ランクやMMRへの影響が無し。
  • ランクのポリシー(制裁措置)は適用。
  • 以下のプレイヤーに最適:
    • プレッシャーなく競技性のあるゲームプレイをしたい。
    • ランクマッチに向かう前にピック&バンやランクマッチに慣れたい。

 

 

新ランク「チャンピオンズ」追加

  • 5000MMRに到達するとチャンピオンズランクに突入。
  • 個人のランク数値に応じてポイントが上昇。
  • チャンピオンズランク内でMMR値が高い上位9999名のプレイヤーには個別でランクが表示。

 

 

プレイヤー行為改善へのアップデート

  • ランク(アンランク)マッチの途中抜け:
    • 度重なる途中抜けには、その都度プレイリストへの参加ペナルティ時間が延長。
    • プレイヤーがマッチを抜けた際、その試合が続いている間は他のプレイリストもロック。
  • 放置プレイヤー:
    • 放置プレイヤーへの自動キック時、該当プレイヤーの画面上に警告とカウントダウンが表示。
    • 放置がアクションフェーズにも続く場合、ディフューザーを持っていれば自動的にドロップ。

 

 

その他のアップデート内容

  • 新オペレーターメニューの実装。
  • ショップインターフェースの変更。
  • プレイヤー VS AIの調整:
    • ボマーが削除。
    • ニトロセルや有刺鉄線が減少。
    • シチュエーションの難易度調整、進行度ロックの開放。
  • オペレーター価格の値下げ。
    • 「CAPITAO」「CAVEIRA」:10,000名声、240 R6クレジット
    • 「YING」「LESION」「ELA」:15,000名声、360 R6クレジット
    • 「MAVERICK」「CLASH」:20,000名声、480 R6クレジット

 

 

まとめ

  • Y4S3「オペレーション エンバーライズ」開幕。
  • 新オペレーター「AMARU」「GOYO」登場。
  • マップ「運河」がリワーク。
  • マップローテーションが変更。
    • カジュアルでは新たにローテーションシステムが実装され、毎月3マップが変更。
  • 既存オペレーター達がバランス調整。
  • 「展開型シールド V2」が実装。
  • 「爆弾」においてディフューザーの設置・解除時間が増加。
  • バトルパスが導入。
  • 「アンランク」プレイリストが実装
  • 新ランク「チャンピオンズ」追加。
  • プレイヤー行為改善へのアップデート。

感想

 今回の新オペレーター2名はどちらも大胆で型破りな能力を持っているので、環境に大きな影響を与えることが予想されます。防衛側としては、今までレインボーシックスをプレイしてきた既成概念に捉われてしまうとAMARUの奇襲に対応できないため、今後は意識を変えて警戒する必要があります。GOYOは爆弾付き展開型シールドV2を3つ所持していて封鎖能力と遅延能力が非常に高く、攻撃側は新たな進行ルートと対策が要求されます。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Iori

対人戦のゲームが大好きなゲーマーです。 主にFPS・TPSゲームとDCGをプレイしています。 1人のプレイヤーとしての視点を交えた記事を書いていきますので、よろしくお願いします。

Copyright© eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト , 2019 All Rights Reserved.