クラッシュ・ロワイヤル ゲーム

【クラロワ】アジアリーグ シーズン2「アジアトップクラス選手の対決」

クラロワ2019091801

 どうも、IGです。今回は「クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 Match4 Chaos Theory vs KIX SET2 1on1 BenZer Ridel vs xPedro15」の試合を考察していきます。両選手ともにアジアトップクラスの実力を備えており、特にxPedro15は世界最高の選手と呼び声高い選手です。どちらが勝つか試合前から話題となっていた今回の1on1を、1試合ずつ振り返っていきましょう。

 

 

クラロワリーグ アジア2019 シーズン2の概要

  • 日本、韓国、東南アジアが所属
  • 日本の4チームを含めた計12チームで構成
  • 各チームには4~6名の「プロ選手」が所属
  • 各チーム2名までアジア地域以外の選手枠を起用可能
  • 全12チームはグループA、Bに6チームずつ分けられる
  • 各グループ上位4チームがプレイオフに進出
  • プレイオフはダブルエリミネーション方式
  • 1マッチに対して4名エントリー
  • 2セット先取で勝利(最大3セット)
  • 1v1(KOH)はBANなし、2v2はBANピックルールを採用
  • 各ゲーム タイブレーカールールを採用
  • SET 1 2on2 各チーム2名選出
  • SET2 1on1 各チーム1名選出
  • SET3 KING OF HILL(1on1の勝ち抜き戦) 各チーム3名選出

 

MATCH4 Chaos Theory vs KIX SET2 1on1

  • GAME1 30:51~
  • GAME2 39:14~

 

 

SET2 1on1

Chaos Theoryメンバー BenZer Ridel選手

KIX:メンバー xPedro15選手

 

GAME1 デッキ構成

BenZer Ridel選手のデッキ構成

ペッカ攻城デッキです。

 

xPedro15選手のデッキ構成

ペッカラムデッキです。

 

GAME1 試合の流れ

序盤の流れ

クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 Group A Match4~6/YouTube

序盤、BenZer Ridel選手は攻城バーバリアン+ダークプリンス+エレクトロウィザードの形を作って攻撃を仕掛けていくが、xPedro15選手はダークプリンスとローリングウッドを使ってうまく防衛していく。その最中、xPedro15選手はアースクエイクやベビードラゴンの攻撃によってタワーにダメージを与えていく。

その後、BenZer Ridel選手は両サイド攻撃を仕掛け、攻撃を通すことに成功し、ダメージアドバンテージを取り返していく。

序盤はBenZer Ridel選手が有利な状況。

 

中盤の流れ

クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 Group A Match4~6/YouTube

中盤、xPedro15選手はダメージを許容しながら防衛し、防衛で使ったユニットと合わせてラムライダーを出してカウンターに繋げていく。大きくダメージを与えることに成功し、アドバンテージを取り返す。

中盤は五分の状況。

 

終盤の流れ

クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 Group A Match4~6/YouTube

終盤、xPedro15選手はアースクエイクを発動し、少しずつタワーにダメージを与えていく。BenZer Ridel選手は両サイド攻撃を仕掛けていくが、xPedro15選手はうまく防衛し、さらにカウンターに繋げていく。

最後はラムライダーによるカウンターが決まり、1vs0でxPedro15選手の勝利。

WINNER xPedro15選手

 

GAME1 試合考察

 BenZer Ridel選手は両サイド攻撃を仕掛けていきましたが、xPedro15選手はダメージを与えられていないタワーへの攻撃をある程度許容し、カウンターに繋げられるように防衛していました。その結果、大きくダメージを与えることに成功し、勝利することができました。タワーは折られなければ良いので、ダメージを分散しながらうまく防衛していったxPedro15選手が1枚上手でした。

 

 

GAME2 デッキ構成

BenZer Ridel選手のデッキ構成

ラヴァデッキです。

 

xPedro15選手のデッキ構成

ペッカラムデッキです。

 

GAME2 試合の流れ

序盤から中盤の流れ

クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 Group A Match4~6/YouTube

序盤、BenZer Ridel選手は初手からラヴァハウンドを展開。xPedro15選手は、すかさず逆サイド橋前にペッカ+エレクトロウィザードを出して速攻。BenZer Ridel選手は対応することができず、タワーを折られてしまう。さらにキングタワーにも大きくダメージを与えられ、キングタワーの体力は残り約1400。出したラヴァハウンドによって大きくダメージを与えるものの、タワーを折るには至らず。

xPedro15選手がかなり有利な状況。

 

終盤の流れ

クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 Group A Match4~6/YouTube

終盤、xPedro15選手はペッカを出してキングタワーを折りにいく。後衛ユニットを続々と出し、BenZer Ridel選手の出すユニットをうまく処理して、タワーに攻撃を届かせる。

最後はアースクエイクでキングタワーを折り、3vs0でxPedro15選手が勝利。

WINNER xPedro15選手

 

GAME2 試合考察

 BenZer Ridel選手の敗因は、待ちきれずに初手からラヴァハウンドを展開してしまったことだと思います。ラヴァデッキの弱点はラヴァハウンドを展開した直後のエリクサーが枯渇している状況で、速攻を仕掛けられることです。BenZer Ridel選手はそのことは百も承知だと思いますが、GAME1で敗れてしまったことで焦ってしまったのでしょうか。BenZer Ridel選手らしくないプレイをしてしまいました。xPedro15選手はその隙を見逃さずに的確に呪文を発動したり、後衛ユニットを出したりと落ち着いた素晴らしいプレイを見せてくれました。

 

 

MATCH4 SET2 1on1の感想

 Match4 SET2 1on1の勝者は、KIX xPedro15選手となりました。GAME1は非常に白熱した戦いが繰り広げられ、ほとんどミスが無い中でxPedro15選手が素晴らしいプレイを行い、勝利を掴み取りました。アジアトップクラスの選手同士の試合は、細かいテクニックが盛りだくさんで、見ていてとても勉強になりますね。

 今回の試合で、xPedro15選手がBenZer Ridel選手よりも上回っていると感じた点は、呪文の使い方です。呪文を効果的な位置に効果的なタイミングで発動して、ギリギリで防衛したり、攻めを通したりしていました。呪文の重要性を知ることができる今回の試合は非常に参考になるので、まだ見ていない方は見ることを強くおすすめします。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
IG

IG

ライター歴1年のIGです。個人でもFPSサイトを運営しており、特に攻略系の記事が得意で、初心者が少しでも上手くなれるよう意識して執筆していきます。

Copyright© eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト , 2019 All Rights Reserved.