クラッシュ・ロワイヤル ゲーム

【クラロワ】アジアリーグ シーズン2「PONOSのエースとしての貫禄」

クラロワ2019092401

 どうも、IGです。今回は「クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 GroupA Match6 Talon vs PONOS SET2 1on1 Yugi_art vs ライキジョーンズ」の試合を考察していきます。日本で1、2を争う選手であるライキジョーンズ選手と、様々なデッキを使うことができるYugi_art選手の戦いとなります。ライキジョーンズ選手はペッカデッキのプレイングが非常に上手い選手ですので、様々なデッキが使えるYugi_art選手がペッカデッキにどう対応してくるのかに注目です。早速ですが、1試合ずつ振り返っていきましょう。

 

 

クラロワリーグ アジア2019 シーズン2の概要

  • 日本、韓国、東南アジアが所属
  • 日本の4チームを含めた計12チームで構成
  • 各チームには4~6名の「プロ選手」が所属
  • 各チーム2名までアジア地域以外の選手枠を起用可能
  • 全12チームはグループA、Bに6チームずつ分けられる
  • 各グループ上位4チームがプレイオフに進出
  • プレイオフはダブルエリミネーション方式
  • 1マッチに対して4名エントリー
  • 2セット先取で勝利(最大3セット)
  • 1v1(KOH)はBANなし、2v2はBANピックルールを採用
  • 各ゲーム タイブレーカールールを採用
  • SET 1 2on2 各チーム2名選出
  • SET2 1on1 各チーム1名選出
  • SET3 KING OF HILL(1on1の勝ち抜き戦) 各チーム3名選出

 

MATCH6 Talon vs PONOS

  • GAME1 2:23:50~
  • GAME2 2:31:14~

 

 

SET2 1on1

Talonメンバー Yugi_art選手

PONOS:メンバー ライキジョーンズ選手

 

GAME1 デッキ構成

Yugi_art選手のデッキ構成

ペッカ攻城デッキです。

 

ライキジョーンズ選手のデッキ構成

ペッカ攻城デッキです。

 

GAME1 試合の流れ

序盤の流れ

クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 Group A Match4~6/YouTube

序盤、お互いにペッカを出して様子見する中で、ライキジョーンズ選手がアドバンテージをとり、アサシンユーノの突進攻撃をタワーに通していく。

序盤はライキジョーンズ選手が有利な状況。

 

中盤の流れ

クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 Group A Match4~6/YouTube

中盤、同じデッキということもあり、同じユニット同士の攻防が繰り広げられる中で、ライキジョーンズ選手がうまくポイズンを発動し、タワーにダメージを与えていく。

中盤もライキジョーンズ選手が有利な状況。

 

終盤の流れ

クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 Group A Match4~6/YouTube

終盤、両者ともにマジックアーチャーで相手ユニットを処理しながらタワーにダメージを与え、タワーの残り体力はほぼ互角に。

最後は巨大雪玉をうまく発動してバーバリアンの攻撃をタワーに届かせることに成功し、1vs0でライキジョーンズ選手の勝利。

WINNER ライキジョーンズ選手

 

GAME1 試合考察

 ライキジョーンズ選手は呪文の発動タイミングが素晴らしく、コスト以上の効果を得られるように発動していました。Yugi_art選手はユニットだけにポイズンを発動していましたが、ライキジョーンズ選手はタワーとユニットを巻き込むように発動していました。さらに、試合が決着する場面では、巨大雪玉のノックバック効果を利用してバーバリアンの攻撃を通すことに成功。ユニットの出し方は両選手ともに素晴らしかったですが、呪文の使い方に関してはライキジョーンズ選手の方が1枚上手でした。

 

 

GAME2 デッキ構成

Yugi_art選手のデッキ構成

ゴブジャイスパーキーデッキです。

 

ライキジョーンズ選手のデッキ構成

ラヴァデッキです。

 

GAME2 試合の流れ

序盤から中盤の流れ

クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 Group A Match4~6/YouTube

序盤、Yugi_art選手はゴブジャイアント+スパーキーの形を作り、ライキジョーンズ選手はラヴァハウンド+ベビードラゴンの形を作っていく。ゴブジャイアントとスパーキーは簡単に処理されてしまい、Yugi_art選手は少しのダメージしか与えることができない。一方のライキジョーンズ選手は、ラヴァハウンドが倒され、ラヴァパピィになった瞬間にディガーを出し、タワーのターゲットをうまく集めることに成功する。その結果、大きくダメージを与え、タワーを折ることに成功。

序盤からライキジョーンズ選手がかなり有利な状況。

 

終盤の流れ

クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 Group A Match4~6/YouTube

終盤、ライキジョーンズ選手はYugi_art選手の強力な攻撃を、ゴブリンの檻やファイアーボールをうまく使って防衛していく。その間に逆サイドに攻めの形を作っていたライキジョーンズ選手がタワーを折り、さらにキングタワーに対してラヴァハウンドを出し、追撃を行う。

最後はキングタワーを折り、3vs0でライキジョーンズ選手の勝利。

WINNER ライキジョーンズ選手

 

GAME2 試合考察

 デッキ相性が良かったとはいえ、ライキジョーンズ選手が圧倒的な内容で勝利を掴み取りました。GAME1に引き続き、呪文をうまく発動することで強力な攻撃を防いでいましたね。防衛時で特に注目したい場面は、ゴブジャイアントとダークプリンスの間にいるスパーキーに対してピンポイントでメガガーゴイルを出し、メガガーゴイルの攻撃とファイアーボールでスパーキーに攻撃させることなく処理していました。繊細なプレイでスパーキーを素早く処理し、Yugi_art選手の攻撃を寄せつけませんでした。

 

 

MATCH6 SET2 1on1 の感想

 Match6 SET2 1on1の勝者は、PONOS ライキジョーンズ選手となりました。終始ライキジョーンズ選手が主導権を握り、圧倒的な試合内容で勝利となりました。巨大雪玉のノックバック効果を最大限に活かしたり、スパーキーをピンポイントで処理するプレイングなど素晴らしいプレイングばかりで、PONOSのエースとしての貫禄を見せつけました。ライキジョーンズ選手の圧倒的な強さは今シーズンも健在です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
IG

IG

ライター歴1年のIGです。個人でもFPSサイトを運営しており、特に攻略系の記事が得意で、初心者が少しでも上手くなれるよう意識して執筆していきます。

Copyright© eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト , 2019 All Rights Reserved.