クラッシュ・ロワイヤル ゲーム

【クラロワ】アジアリーグ シーズン2「接戦に次ぐ接戦をJACKが制す」

クラロワ2019092606

 どうも、IGです。今回は「クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 GroupB Match5 OP.GG SPORTS vs FAV Gaming SET2 1on1 OP X-Bow Master vs JACK」の試合を考察していきます。どちらの選手も高回転デッキを得意とし、各国を代表する素晴らしい選手同士の対決となります。実力が拮抗しており、前評判通りの接戦に次ぐ接戦となりました。参考にすべきポイントが多数見られたので、1試合ずつ振り返っていきましょう。

 

 

クラロワリーグ アジア2019 シーズン2の概要

  • 日本、韓国、東南アジアが所属
  • 日本の4チームを含めた計12チームで構成
  • 各チームには4~6名の「プロ選手」が所属
  • 各チーム2名までアジア地域以外の選手枠を起用可能
  • 全12チームはグループA、Bに6チームずつ分けられる
  • 各グループ上位4チームがプレイオフに進出
  • プレイオフはダブルエリミネーション方式
  • 1マッチに対して4名エントリー
  • 2セット先取で勝利(最大3セット)
  • 1v1(KOH)はBANなし、2v2はBANピックルールを採用
  • 各ゲーム タイブレーカールールを採用
  • SET 1 2on2 各チーム2名選出
  • SET2 1on1 各チーム1名選出
  • SET3 KING OF HILL(1on1の勝ち抜き戦) 各チーム3名選出

 

MATCH5 OP.GG SPORTS vs FAV Gaming

  • GAME1 2:12:42~
  • GAME2 2:19:49~

 

 

SET2 1on1

OP.GG SPORTSメンバー OP X-Bow Master選手

FAV Gaming:メンバー JACK選手

 

GAME1 デッキ構成

OP X-Bow Master選手のデッキ構成

高回転ロイジャイデッキです。

 

JACK選手のデッキ構成

3スペルペッカホグデッキです。

 

GAME1 試合の流れ

序盤の流れ

クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 Group B Match4~6/YouTube

序盤、お互いに数体ずつユニットを出すものの、大きな動きは見られず、エリクサー2倍タイムに突入するまで睨み合いが続く。

序盤は五分の状況。

 

中盤の流れ

クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 Group B Match4~6/YouTube

中盤、OP X-Bow Master選手はロイヤルジャイアントを出して攻撃を仕掛けるが、JACK選手はすぐさまペッカを出して防衛。その後、ホグライダーを合わせて出し、攻めの形を作っていくが、OP X-Bow Master選手はうまく防衛し、さらにロイヤルジャイアントを展開してカウンターに繋げていく。しかし、JACK選手はまたもやペッカを出して容易に防衛する。

一進一退の攻防が繰り広げられ、中盤も五分の状況。

 

終盤の流れ

クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 Group B Match4~6/YouTube

終盤、OP X-Bow Master選手はロイヤルジャイアントを出して攻撃し、少しずつタワーにダメージを与えていく。対するJACK選手はホグライダーや呪文で少しずつタワーにダメージを与えていく。

接戦の末、試合終了30秒前にタワーを折ったJACK選手が、1vs0で勝利。

WINNER JACK選手

 

GAME1 試合考察

 序盤の沈着した状況とは打って変わり、エリクサー2倍タイムに突入してからは激しい攻防が目まぐるしく繰り広げられ、OP X-Bow Master選手はアドバンテージを得られるチャンスが多く見られたのですが、所々でミスが目立ち、敗れてしまいました。今回のような実力が拮抗している選手同士の対決は1つのミスが命取りですね。

 

 

GAME2 デッキ構成

OP X-Bow Master選手のデッキ構成

枯渇ロイジャイデッキです。

 

JACK選手のデッキ構成

枯渇デッキです。

 

GAME2 試合の流れ

序盤の流れ

クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 Group B Match4~6/YouTube

序盤、お互いにゴブリンバレルを出して攻撃を仕掛けるが、両選手ともに的確に防衛していく。

その後、JACK選手はダークプリンスとアサシンユーノを出して両サイド攻撃を仕掛けていくが、OP X-Bow Master選手はゴブリンの檻で中央に誘導し、まとめて処理していく。そして、ゴブリンの檻を破壊後に出現するリベンジゴブリンに合わせてロイヤルジャイアントを出し、カウンターに繋げ、タワーにダメージを与えることに成功する。

序盤はOP X-Bow Master選手が有利な状況。

 

中盤の流れ

クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 Group B Match4~6/YouTube

中盤、エリクサーアドバンテージを得たJACK選手は、ダークプリンス+プリンセス+ゴブリンバレルで攻撃を仕掛け、序盤で受けたダメージ以上のダメージを与えることに成功する。

中盤はJACK選手が有利な状況。

 

終盤の流れ

クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 Group B Match4~6/YouTube

終盤、OP X-Bow Master選手はロイヤルジャイアントの攻撃によって残り体力71まで削るもののタワーを折ることはできず。

最後はJACK選手のカウンターが決まり、1vs0でJACK選手の勝利。

WINNER JACK選手

 

GAME2 試合考察

 OP X-Bow Master選手のデッキには呪文が入っていないので、JACK選手はプリンセスをしっかりと延命し、アドバンテージを取っていきました。OP X-Bow Master選手はなんとかプリンセスを処理しあと1歩まで追い詰めたのですが、呪文が入っていないデッキのため折りきることができず惜しくも敗れてしまいました。

 

 

MATCH2 SET2 の感想

 Match2 SET2 1on1の勝者は、FAV Gaming JACK選手となりました。GAME1、2ともに接戦で、最後までどちらが勝つか分からない非常に面白い試合でした。参考になると思ったところは、JACK選手のローリングウッドの使い方です。GAME1ではローリングウッドを発動し、間一髪のところでロイヤルジャイアントによる攻撃を防いでいました。ノックバック効果のある呪文はプレイヤースキルがあればあるほど効果を十二分に発揮することができるので、JACK選手のプレイングを参考に練習してみてはいかがでしょうか。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
IG

IG

ライター歴1年のIGです。個人でもFPSサイトを運営しており、特に攻略系の記事が得意で、初心者が少しでも上手くなれるよう意識して執筆していきます。

Copyright© eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト , 2019 All Rights Reserved.