クラッシュ・ロワイヤル ゲーム

【クラロワ】アジアリーグ シーズン2「KKをも完封するiSlawの強さ」

クラロワ201909270401

 どうも、IGです。今回は「クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 GroupB Match6 SANDBOX GAMING vs GameWith SET2 1on1 iSlaw vs KK」の試合を考察していきます。完璧な試合内容で勝利し続けるiSlaw選手と、日本トップクラスの実力を持つKK選手の注目の一戦になります。接戦になると予想していましたが、結果はまったく違うものになりました。早速ですが、1試合ずつ振り返っていきましょう。

 

 

クラロワリーグ アジア2019 シーズン2の概要

  • 日本、韓国、東南アジアが所属
  • 日本の4チームを含めた計12チームで構成
  • 各チームには4~6名の「プロ選手」が所属
  • 各チーム2名までアジア地域以外の選手枠を起用可能
  • 全12チームはグループA、Bに6チームずつ分けられる
  • 各グループ上位4チームがプレイオフに進出
  • プレイオフはダブルエリミネーション方式
  • 1マッチに対して4名エントリー
  • 2セット先取で勝利(最大3セット)
  • 1v1(KOH)はBANなし、2v2はBANピックルールを採用
  • 各ゲーム タイブレーカールールを採用
  • SET 1 2on2 各チーム2名選出
  • SET2 1on1 各チーム1名選出
  • SET3 KING OF HILL(1on1の勝ち抜き戦) 各チーム3名選出

 

Match6 SANDBOX GAMING vs GameWith

  • GAME1 2:56:15~
  • GAME2 3:02:16~

 

 

SET2 1on1

SANDBOX GAMINGメンバー iSlaw選手

GameWith:メンバー KK選手

 

GAME1 デッキ構成

iSlaw選手のデッキ構成

バルーンデッキです。

 

KK選手のデッキ構成

ペッカ攻城デッキです。

 

GAME1 試合の流れ

序盤の流れ

クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 Group B Match4~6/YouTube

序盤、iSlaw選手はダメージを許容してディガー+バルーンで攻撃を仕掛ける。KK選手は守り切ることは不可能と判断し、逆サイドにダークプリンス+攻城バーバリアンで攻撃する。お互いにタワーを折ることに成功するが、iSlaw選手のバルーンがキングタワーに対しても大きくダメージを与え、アドバンテージをとっていく。

序盤はiSlaw選手が有利な状況。

 

中盤の流れ

クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 Group B Match4~6/YouTube

中盤、KK選手はペッカを後ろから展開し、攻めの形を作っていくが、iSlaw選手は完璧に防衛する。

KK選手は再びペッカを後ろから展開し、攻めの形を作ろうとするが、iSlaw選手は逆サイド橋前にバルーンを出して攻撃を仕掛け、攻めの形を作らせない。その結果、ペッカは簡単に処理され、バルーンによる攻撃がタワーに届いていく。

中盤もiSlaw選手が有利な状況。

 

終盤の流れ

クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 Group B Match4~6/YouTube

終盤、iSlaw選手はKK選手の攻撃をしっかりと防衛し、キングタワー側にバルーンを出してカウンターに繋げていく。

最後はバルーンの攻撃によってキングタワーを折ることに成功し、3vs1でiSlaw選手の勝利。

WINNER iSlaw選手

 

GAME1 試合考察

 iSlaw選手はバルーンによる攻撃を終始通すことに成功し、勝利を収めました。KK選手はバルーンによる攻撃を防ぎきれないと判断し、逆サイドのタワーを折りに行くという好判断を見せたものの、最後は綺麗にカウンターを決められてしまい、敗れてしまいました。iSlaw選手が試合を終始コントロールしていました。

 

 

GAME2 デッキ構成

iSlaw選手のデッキ構成

ロイジャイデッキです。

 

KK選手のデッキ構成

迫撃ディガーデッキです。

 

GAME2 試合の流れ

序盤の流れ

クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 Group B Match4~6/YouTube

序盤、KK選手は防衛で使った小物系ユニットに合わせてディガーを出し、細かくカウンターに繋げていく。iSlaw選手は無理に攻めずにしっかりと防衛していく。

序盤は五分の状況。

 

中盤の流れ

クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 Group B Match4~6/YouTube

中盤、iSlaw選手はロイヤルジャイアントを出して攻撃を仕掛けていく。KK選手は迫撃砲にロイヤルジャイアントのターゲットを向かせて防衛を試みるが、iSlaw選手はすかさずライトニングを発動して迫撃砲を処理し、ロイヤルジャイアントによる攻撃をタワーに通していく。

中盤はiSlaw選手が有利な状況。

 

終盤の流れ

クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 Group B Match4~6/YouTube

終盤、iSlaw選手はロイヤルジャイアントを出して攻撃を仕掛けていくが、KK選手はうまく防衛していく。その最中、KK選手はディガーを出して少しずつタワーにダメージを与えていく。

しかし、最後はロイヤルジャイアントによる攻撃がタワーに届き、1vs0でiSlaw選手の勝利。

WINNER iSlaw選手

 

GAME2 試合考察

 ロイヤルジャイアントを処理するために出した迫撃砲に対して、素早くライトニングを発動して攻撃を通したことで、iSlaw選手は試合の流れを掴みましたね。KK選手のデッキの火力ではダメージアドバンテージを取り返すのは厳しかったですね。

 KK選手の勝ち筋は、序盤のようにiSlaw選手を防戦一方にし、試合の主導権を握ることでしたが、iSlaw選手はライトニングをうまく発動することで逆に主導権を握っていきました。iSlaw選手に1度主導権を握られると、逆転することはなかなか難しいですね。

 

 

MATCH2 SET2 の感想

 Match6 SET2 1on1の勝者は、SANDBOX GAMING iSlaw選手となりました。iSlaw選手はこれでFAV GamingのエースJACK選手に引き続き、GameWithのエースKK選手も圧倒的な内容で破りました。iSlaw選手は毎回違うデッキを使っており、使うデッキの的を絞らせないということも含め、iSlaw選手に勝つのは非常に難しいと感じました。1on1で彼を倒す選手は現れるのでしょうか。今シーズン最注目の選手です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
IG

IG

ライター歴1年のIGです。個人でもFPSサイトを運営しており、特に攻略系の記事が得意で、初心者が少しでも上手くなれるよう意識して執筆していきます。

Copyright © eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト, 2018~2020 All Rights Reserved.