クラッシュ・ロワイヤル ゲーム

【クラロワ】アジアリーグ シーズン2「RAD vs xPedro15」

クラロワ201910030301

 どうも、IGです。今回は「クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 GroupA Match8 KIX vs PONOS SET2 1on1 xPedro15 vs RAD」の試合を考察していきます。強豪ぞろいのKIXのエース、xPedro15選手に対するは、PONOSの2枚看板の1人、RAD選手になります。どちらも世界トップクラスの選手で、好ゲームになると予想される注目の一戦になります。また、新カードであるトリトンを使った素晴らしいプレイも見られました。世界レベルのテクニックに注目しながら1試合ずつ振り返っていきましょう。

 

 

クラロワリーグ アジア2019 シーズン2の概要

  • 日本、韓国、東南アジアが所属
  • 日本の4チームを含めた計12チームで構成
  • 各チームには4~6名の「プロ選手」が所属
  • 各チーム2名までアジア地域以外の選手枠を起用可能
  • 全12チームはグループA、Bに6チームずつ分けられる
  • 各グループ上位4チームがプレイオフに進出
  • プレイオフはダブルエリミネーション方式
  • 1マッチに対して4名エントリー
  • 2セット先取で勝利(最大3セット)
  • 1v1(KOH)はBANなし、2v2はBANピックルールを採用
  • 各ゲーム タイブレーカールールを採用
  • SET 1 2on2 各チーム2名選出
  • SET2 1on1 各チーム1名選出
  • SET3 KING OF HILL(1on1の勝ち抜き戦) 各チーム3名選出

 

MATCH8 KIX vs PONOS

  • GAME1 1:14:53~
  • GAME2 1:22:48~

 

 

SET2 1on1

KIXメンバー xPedro15選手

PONOS:メンバー RAD選手

 

GAME1 デッキ構成

xPedro15選手のデッキ構成

スケラデッキです。

 

RAD選手のデッキ構成

スケラデッキです。

 

GAME1 試合の流れ

序盤の流れ

クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 Group A Match7~9/YouTube

序盤、RAD選手が防衛で使ったユニットに合わせてスケルトンラッシュを発動し、カウンターに繋げるが、xPedro15選手は落ち着いて防衛していく。

一方のxPedro15選手は、ベビードラゴン+スケルトンラッシュで速攻を仕掛けるが、RAD選手は落ち着いて防衛し、ダメージを最小限に抑える。

序盤は五分の状況。

 

中盤の流れ

クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 Group A Match7~9/YouTube

中盤、エリクサー2倍タイムに突入後、RAD選手は防衛ユニットが残るようにうまく防衛し、残った複数体のユニットに合わせてスケルトンラッシュを発動することでタワーに大きくダメージを与えることに成功する。さらにポイズンを合わせて発動したため、xPedro15選手にカウンターの形をつくらせない。

中盤はRAD選手が有利な状況。

 

終盤の流れ

クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 Group A Match7~9/YouTube

終盤、RAD選手はスケルトンラッシュ+ポイズンでタワーを削りにいくが、カウンターの形を作られてしまい、ファルチェの処理に手間取っているうちにエリクサーアドバンテージをとられてしまう。その結果、防戦一方の状況に陥る。

最後はxPedro15選手のファルチェの攻撃がタワーに届き、1vs0で逆転勝利。

WINNER xPedro15選手

 

GAME1 試合考察

 RAD選手のデッキには、ファルチェを効果的に処理するカードが無かったため、スケルトンラッシュを発動する際に、ポイズンをファルチェに当たるように発動して処理を行っていました。しかし、ファルチェをポイズンで処理することが出来なかった時に、ファルチェの攻撃によって防衛ユニットが複数体倒されてしまいました。それによって、xPedro15選手がエリクサーアドバンテージを一気にとることに成功し、逆転に成功しました。

 バランス調整後のファルチェは攻撃力が非常に高くなったため、処理に少しでも手間取ってしまうと返り討ちに遭いやすいです。そのため、細心の注意を払って対処したいですね。

 

 

GAME2 デッキ構成

xPedro15選手のデッキ構成

トリトン入りゴブジャイスパーキーデッキです。

下記の記事でこのデッキの特徴を解説しています。(新環境最強カード「トリトン」を使ったおすすめデッキ3選)

 

RAD選手のデッキ構成

トリトン入りロイホグ三銃士デッキです。

 

GAME2 試合の流れ

序盤の流れ

クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 Group A Match7~9/YouTube

序盤、RAD選手は三銃士+ロイヤルホグの形を、xPedro15選手はゴブジャイアント+スパーキーの形をお互いに違うサイドに展開していく。RAD選手はタワーを折ることに成功するが、xPedro15選手は大きくダメージを与えるもののタワーを折ることはできず。

序盤はRAD選手が有利な状況。

 

中盤の流れ

クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 Group A Match7~9/YouTube

中盤、xPedro15選手はゴブジャイアント+スパーキーの形を作って、残り体力僅かのタワーを折り、さらにキングタワーに対しても大きくダメージを与えていく。対するRAD選手は、キングタワーに対してロイヤルホグ+三銃士で攻撃を仕掛けていくが、十分なダメージを与えることはできず。

中盤はxPedro15選手が有利な状況。

 

終盤の流れ

クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 Group A Match7~9/YouTube

終盤、xPedro15選手がゴブジャイアント+スパーキーで攻撃を仕掛けていき、それに対してRAD選手は三銃士で防衛を試みる。しかし、xPedro15選手がライトニングやトリトンをうまく使って攻撃を通すことに成功する。

リードを取り返したxPedro15選手が、2vs1でGAME1に引き続き逆転勝利。

WINNER xPedro15選手

 

GAME2 試合考察

 RAD選手はスパーキーの処理に手間取ってしまい、序盤で得たアドバンテージを取り返されてしまいました。GAME1に引き続き、防衛面で少しミスが目立ちましたね。

 xPedro15選手はRAD選手の三銃士をトリトンで引き寄せ、ダークプリンスで処理するという素晴らしいプレイを行っていました。随所でトリトンの使い方が参考になったので、もう一度見返してみると良いでしょう。

 

 

MATCH8 SET2 の感想

 Match8 SET2 1on1の勝者は、KIX xPedro15選手となりました。GAME1、2ともに序盤はRAD選手が有利でしたが、どちらの試合も逆転勝利を収めました。xPedro15選手はほとんどミスがなく、リードされている局面でも落ちついてプレイし、試合を組み立てていました。xPedro15選手の強みはどんな状況でも正確にプレイできるところだと感じました。RAD選手もミスをせずに100%の力を発揮していれば、どちらが勝ってもおかしくなかったので今後の再戦に期待したいですね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
IG

IG

ライター歴1年のIGです。個人でもFPSサイトを運営しており、特に攻略系の記事が得意で、初心者が少しでも上手くなれるよう意識して執筆していきます。

Copyright© eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト , 2019 All Rights Reserved.