クラッシュ・ロワイヤル ゲーム

【クラロワ】アジアリーグ シーズン2「TNT、JACKを完封」

クラロワ2019110601

 どうも、IGです。今回は「クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 FINAL FAV gaming vs OGN ENTUS SET2 1on1 JACK vs TNT」の試合を考察していきます。クラロワリーグ シーズン2の優勝チームOGN ENTUSのエースTNT選手対、FAV gamingのエースJACK選手による注目の1戦になります。結果から言うとTNT選手が終始JACK選手を圧倒したのですが、どういったことが要因となって圧勝したのかに注目しながら、1試合ずつ振り返っていきましょう。

 

 

クラロワリーグ アジア2019 シーズン2の概要

  • 日本、韓国、東南アジアが所属
  • 日本の4チームを含めた計12チームで構成
  • 各チームには4~6名の「プロ選手」が所属
  • 各チーム2名までアジア地域以外の選手枠を起用可能
  • 全12チームはグループA、Bに6チームずつ分けられる
  • 各グループ上位4チームがプレイオフに進出
  • プレイオフはダブルエリミネーション方式
  • 1マッチに対して4名エントリー
  • 2セット先取で勝利(最大3セット)
  • 1v1(KOH)はBANなし、2v2はBANピックルールを採用
  • 各ゲーム タイブレーカールールを採用
  • SET 1 2on2 各チーム2名選出
  • SET2 1on1 各チーム1名選出
  • SET3 KING OF HILL(1on1の勝ち抜き戦) 各チーム3名選出

 

FINAL FAV gaming vs OGN ENTUS

  • GAME1 1:59:18~
  • GAME2 2:06:25~

 

 

SET2 1on1

FAV gamingメンバー JACK選手

OGN ENTUS:メンバー TNT選手

 

GAME1 デッキ構成

JACK選手のデッキ構成

ジャイスパデッキです。

 

TNT選手のデッキ構成

ウォールブレイカーデッキです。

 

GAME1 試合の流れ

序盤の流れ

クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 FINAL/YouTube

序盤、JACK選手はウォールブレイカーによる攻撃をしっかりと対処し、スパーキーを展開していく。しかし、TNT選手はスパーキーをロケットで処理し、攻めの形をつくらせない。JACK選手は再度ジャイアントを展開し、攻めの形をつくっていくが、TNT選手のファルチェ+トルネードによって一掃されてしまう。

序盤はTNT選手が有利な状況。

 

中盤の流れ

クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 FINAL/YouTube

中盤、TNT選手はスパーキーに対して的確にロケットを発動し、攻めの形を全くつくらせない。その間、ディガーでダメージを与え続け、アドバンテージを拡げていく。

中盤もTNT選手が有利な状況。

 

終盤の流れ

クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 FINAL/YouTube

終盤、TNT選手はジャイアントに対してはファルチェ+トルネードで処理し、スパーキーに対してはロケットを発動することで、JACK選手の攻撃をうまく防いでいく。

最後はロケット+巨大雪玉でタワーを折り、1vs0でTNT選手の勝利。

WINNER TNT選手

 

GAME1 試合考察

 JACK選手はロケットとファルチェ+トルネードでうまく防衛されてしまいました。ファルチェを効果的に処理できるカードもJACK選手のデッキには入っていなかったので、どうすることもできなかったと言えるでしょう。今回の敗因はデッキ相性と言っても良いのではないでしょうか。

 

 

GAME2 デッキ構成

JACK選手のデッキ構成

ペッカ攻城デッキです。

 

TNT選手のデッキ構成

ディガポイデッキです。

 

GAME2 試合の流れ

序盤の流れ

クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 FINAL/YouTube

序盤、JACK選手は後ろからペッカを展開し、攻めの形をつくっていく。マジックアーチャーで防衛されそうになるが、トリトンで引き寄せてうまく処理する。しかし、TNT選手の防衛が固く、攻撃を通すことができない。

序盤は五分の状況。

 

中盤の流れ

クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 FINAL/YouTube

中盤、JACK選手は再度後ろからペッカを展開し、後衛に攻城バーバリアンを付けて攻撃を仕掛けていく。TNT選手はボムタワーを中央逆サイド寄りに出したり、トルネードを発動したりすることでうまく防衛していく。

中盤はTNT選手が有利な状況。

 

終盤の流れ

クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 FINAL/YouTube

終盤、TNT選手はマジックアーチャーの攻撃がタワーにも当たるように、トルネードをうまく発動していく。対するJACK選手はペッカ+攻城バーバリアンで攻撃を仕掛けていくが、ボムタワーで簡単に防衛されてしまう。攻撃が中々通らないJACK選手は、ポイズンで少しずつダメージを与えていく。対するTNT選手もローリングウッドやポイズン、ディガーで少しずつダメージを与えていく。

最後は削り合いに競り勝ったTNT選手が1vs0で勝利。

WINNER TNT選手

 

GAME2 試合考察

 JACK選手の攻撃が終始通らず、TNT選手が最後まで優勢のまま試合が終了しました。JACK選手の主な攻め手となる攻城バーバリアンに対して、効果的なカードがTNT選手のデッキに多く組み込まれており、対策を練ってきたことが伺えます。JACK選手のレギュラーシーズンにおけるペッカ攻城デッキの使用率は高かったので、それを踏まえてのデッキ選択やプレイングだったのでしょう。

 

 

FINALS SET2の感想

 FINALS SET2 1on1の勝者は、OGN ENTUS TNT選手となりました。TNT選手はほぼ全ての面でJACK選手を上回っているように感じました。防衛が上手く、非常に安定している選手なので、デッキ選択で有利な状況をつくることができれば、まず負けない選手だと思いました。レギュラーシーズンでもほとんどミスが無かったですが、FAINALという大舞台でもミスが無い安定したプレイを魅せてくれました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
IG

IG

ライター歴1年のIGです。個人でもFPSサイトを運営しており、特に攻略系の記事が得意で、初心者が少しでも上手くなれるよう意識して執筆していきます。

Copyright © eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト, 2018~2020 All Rights Reserved.