クラッシュ・ロワイヤル ゲーム

【クラロワ】アジアリーグ シーズン2「FAV gamingの最終兵器だに」

クラロワ201911080401

 どうも、IGです。今回は「クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 FINAL FAV gaming vs OGN ENTUS SET3 1on1 だに vs Dandelion」の試合を考察していきます。OGN ENTUSが先に2勝しており、SET3を勝利することができればアジア1位の座を奪われるという状況で、FAV gamingの最終兵器と言われる「だに(DANI)選手」が出場しました。だに選手のレギュラーシーズンの成績は、KOH2勝3敗と負け越しており、さらに出場回数も少ない選手です。この大舞台でだに選手はどういったプレイをするのか、1試合ずつ振り返っていきましょう。

 

 

クラロワリーグ アジア2019 シーズン2の概要

  • 日本、韓国、東南アジアが所属
  • 日本の4チームを含めた計12チームで構成
  • 各チームには4~6名の「プロ選手」が所属
  • 各チーム2名までアジア地域以外の選手枠を起用可能
  • 全12チームはグループA、Bに6チームずつ分けられる
  • 各グループ上位4チームがプレイオフに進出
  • プレイオフはダブルエリミネーション方式
  • 1マッチに対して4名エントリー
  • 2セット先取で勝利(最大3セット)
  • 1v1(KOH)はBANなし、2v2はBANピックルールを採用
  • 各ゲーム タイブレーカールールを採用
  • SET 1 2on2 各チーム2名選出
  • SET2 1on1 各チーム1名選出
  • SET3 KING OF HILL(1on1の勝ち抜き戦)各チーム3名選出

 

FINAL FAV gaming vs OGN ENTUS

  • GAME1 2:20:10~
  • GAME2 2:27:04~
  • GAME3 2:32:57~

 

 

SET3 1on1

FAV gamingメンバー だに選手

OGN ENTUS:メンバー Dandelion選手

 

GAME1 デッキ構成

だに選手のデッキ構成

ウォールブレイカーデッキです。

 

Dandelion選手のデッキ構成

メガナイトデッキです。

 

GAME1 試合の流れ

序盤の流れ

クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 FINAL/YouTube

序盤、だに選手はウォールブレイカーで攻撃を仕掛けていくが、ゴブリンギャングでしっかりと防衛されてしまう。その後、Dandelion選手はスケルトンバレルで攻撃を仕掛けていくが、だに選手もマジックアーチャーで防衛。

序盤は五分の状況。

 

中盤の流れ

クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 FINAL/YouTube

中盤、だに選手はディガー+コウモリで攻撃を仕掛ける。Dandelion選手は槍ゴブリンでコウモリを処理しようとするが、だに選手は素早くザップを発動し、タワーに攻撃を通していく。対するDandelion選手はディガーの攻撃によって少しずつタワーにダメージを与える。

中盤はだに選手が若干有利な状況。

 

終盤の流れ

クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 FINAL/YouTube

終盤、だに選手はウォールブレイカーをセパレートし、片方にディガーを合わせて出して攻撃する。Dandelion選手はコウモリで防衛を試みるが、だに選手はザップを発動して素早く処理し、攻撃を通すことに成功。

最後はディガーでタワーを折り、1vs0でだに選手の勝利。

WINNER だに選手

 

GAME1 試合考察

 だに選手は終始ウォールブレイカーをセパレートして攻撃を仕掛けていました。こういった攻撃をされると、両サイドにエリクサーを使わないと防衛することが難しく、さらに防衛したとしてもエリクサーアドバンテージをとられてしまいます。そのため、Dandelion選手はじり貧な状況が続いてしまいました。また、Dandelion選手は槍ゴブリンやコウモリでウォールブレイカーを処理しようと試みましたが、その都度素早くザップを発動され、ウォールブレイカーによる攻撃を防ぐことができませんでした。だに選手のウォールブレイカーによる攻撃の通し方が非常に上手かった試合でした。

 

 

GAME2 デッキ構成

だに選手のデッキ構成

ジャイネクロデッキです。

 

Dandelion選手のデッキ構成

バルフリデッキです。

 

GAME2 試合の流れ

序盤の流れ

クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 FINAL/YouTube

序盤、だに選手はジャイアント+ネクロマンサーの形をつくって攻撃を仕掛けるも、Dandelion選手はファルチェ+トルネードでうまく処理していく。

序盤はDandelion選手が有利な状況。

 

中盤の流れ

クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 FINAL/YouTube

中盤、だに選手は再びジャイアントで攻撃を仕掛けていくが、簡単に防衛されてしまい、ランバージャック+バルーン+フリーズによるカウンターに繋げられ、タワーを折られてしまう。

中盤もDandelion選手が有利な状況。

 

終盤の流れ

クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 FINAL/YouTube

終盤、だに選手はジャイアントで再三攻撃を仕掛けるも、ファルチェ+トルネードでことごとく処理されてしまう。

攻撃を寄せ付けなかったDandelion選手が1vs0で完勝。

WINNER Dandelion選手

 

GAME2 試合考察

 だに選手のデッキは、ジャイアントを盾にネクロマンサーやダークネクロを後衛に付けていくのが主な攻め手のデッキでしたが、ファルチェ+トルネードで完璧に防衛されてしまいました。トリトンでファルチェを引き寄せて一掃されないようにしようと試みましたが、上手くいかなかったですね。Dandelion選手は防衛から試合を組み立て、1度の攻撃でタワーを折ることに成功しました。だに選手は何回も攻撃に失敗したのに対し、Dandelion選手はワンチャンスを見事モノにすることができました。

 

 

GAME3 デッキ構成

だに選手のデッキ構成

ロイジャイデッキです。

 

Dandelion選手のデッキ構成

トリトン入りロイジャイデッキです。

 

GAME3 試合の流れ

序盤から中盤の流れ

クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 FINAL/YouTube

お互いにロイヤルジャイアントを出して攻撃を仕掛けていく中で、Dandelion選手がダメージアドバンテージをとっていく。

序盤から中盤にかけてDandelion選手が有利な状況。

 

終盤の流れ

クラロワリーグ アジア2019 シーズン2 FINAL/YouTube

終盤、だに選手はロイヤルジャイアントで攻撃を仕掛けていく。Dandelion選手はロイヤルジャイアントを処理することに成功するが、後衛のベビードラゴンやアーチャーの攻撃を防ぎ切ることができない。

最後はアーチャーの攻撃がタワーに届き、1vs0でだに選手の勝利。

WINNER だに選手

 

GAME3 試合考察

 序盤から中盤にかけての攻防でDandelion選手の方が若干優勢だったので、そのまま押し切られるかと思いきや、だに選手が先に攻撃を通すことに成功しました。後衛ユニットをフル活用したのが、勝利に繋がったと言えるでしょう。

 

 

FINALS SET3の感想

 FINALS SET3 1on1の勝者は、FAV gaming だに選手となりました。レギュラーシーズンの勝率が高いDandelion選手を破り、見事勝利を収めました。出場機会に恵まれなかっただに選手がここぞというところで活躍したことによって、コメント欄が非常に沸いていました。最終兵器とは名ばかりでただの補欠といった声も少なからずありましたが、今回の結果を見てそんなことを言う人は居なくなったでしょう。レギュラーシーズンはチームが勝ち進む中で自分は活躍できていないというもどかしさもあったと思いますが、めげずに新環境にもしっかりと対応できるように練習してきたことが今回のプレイを見て伺えました。だに選手の世界大会での活躍により一層期待したいですね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
IG

IG

ライター歴1年のIGです。個人でもFPSサイトを運営しており、特に攻略系の記事が得意で、初心者が少しでも上手くなれるよう意識して執筆していきます。

Copyright© eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト , 2019 All Rights Reserved.