ゲーム ゲームニュース

ゲーム内設定ではなく、デスクトップの設定でFPSを上げる方法を紹介

 PCでゲーム競技をしている方で、ゲーム内設定を下げてもなかなかFPSが上がらない、安定しないと悩んでいる方も少ないくないかと思います。そこで今回は、ゲーム内設定ではなくデスクトップの設定でFPSを上げる方法を「Nvidiaコントロールパネル編」と「Windows設定編」に分けて紹介していきます。

 

そもそもFPS(フレームレート)とは

 簡単に説明すると、1秒間に描画される画像の数です。この数が多ければ多いほど滑らかに描画され、少なければ紙芝居のようにカクカクとした動きになります。FPSの数値が高いほどプレイヤーはゲームを優位に運ぶことができます。

 

FPSを上げる設定

Nvidiaコントロールパネル編

 こちらの設定は適応外のグラフィックボードを使っている場合は使用出来ません、ご了承ください。デスクトップ画面で右クリックをし、「Nvidiaコントロールパネル」を起動します。3Dの設定から3D設定の管理を選択します。

コントロールパネル201911080301 3D設定201911080304

 

下記画像がおすすめの設定になります。
設定201911080302

設定201911080303

 

 続いて、「PhysX」の項目を説明します。こちらは自動推奨、CPUとありますが、使っているグラフィックボードに設定しましょう。

設定201911080305

 

 次が1番大事な設定になります。「デスクトップサイズと位置の調節」の項目を選び、スケーリングを「全画面」に設定します。そしてスケーリングを実行するデバイスという項目を必ず「GPU」に設定してください。GPUに設定することでFPSがグンと上がるようになります。

GPU201911080306

 

Windows設定編

 ここからはWindowsでの設定を紹介していきます。まず左下Windowsマークを右クリック。そこから電源オプションを選択、次に電源の詳細設定をクリックします。

 開けたら電源プランを「高パフォーマンス」に設定してください。電源の消費は増えますがよりゲームを優先する設定になります。

電源201911080309

 次にゲームに必要ないものを止めて、ゲームに特化させる設定です。windowsマークを左クリック、設定を選択。ゲームを選択したらすべての項目をオフにしましょう。こちらはゲームの便利機能ですが基本使用しないのでオフにしてください。

 最後はゲーム中にバックグラウンドで動いてしまっている不要なアプリを止めていきます。Windowsの設定から、プライバシーを選択。スクロールで下へ行くと「バックグラウンドアプリ」の項目があり、それを選択しオフにしてください。これをやることでゲーム中、ゲームをしている裏で余計なアプリが動きFPSの低下につながることが無くなります。

 

まとめ

 以上がデスクトップの設定でFPSを上げる方法となります。あとはゲーム内での設定をできる限り下げることで最大限のFPSを発揮できるかと思います。まだ試されていない方は是非試してみて下さい。

Copyright© eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト , 2019 All Rights Reserved.