ゲーム レインボーシックス

【R6S】新シーズン「シフティングタイド」、2人の新オペレーター追加

シージ201911110101

 ユービーアイソフト株式会社は、プロリーグ シーズン10ファイナルの会場にて「レインボーシックス シージ」YEAR4の最後を飾るシーズン4のコンテンツを発表した。新シーズン「シフティングタイド」では、攻撃側オペレーター「Kali」と防衛側オペレーター「Wamai」の2人の新オペレーター追加とマップ「テーマパーク」が新しくなる。

※以下、プレスリリース引用

 

新オペレーター

 インド出身の攻撃側オペレーター「Kali」とケニヤ出身の防衛側オペレーター「Wamai」が今シーズンでは追加されます。彼らは「Kali」が率いる民間軍事組織である「ナイトヘイヴン」で出会いました。「Kali」はバリケードやハッチを一撃で破壊できるCSRX3000スナイパーライフルを装備し、ガジェットであるアンダーバレルのLV Explosive Lanceを使えば壁を強化するガジェットも含め、破壊可能なガジェットを破壊することができます。

 「Wamai」はナイトヘイヴンにおいて「Kali」が最も信頼しているオペレーターです。彼はMag-NETシステムという敵の発射物を引き寄せ、その場で爆発させるガジェットをもっています。「Wamai」を使えば攻撃側のグレネードや弾薬型のガジェットのほとんどを無効にし、逆に爆発することで相手のプランを乱すことが可能です。

シージ201911110102

シージ201911110103

 

マップのリワーク

 新オペレーターに加えて今シーズンでは「テーマパーク」マップが新しくなります。再調整により2階の鉄道駅は削除され、東西のセクションが近づきました。建物内も東側の1Fをはじめ大きく進化しました。ガーゴイルとお化け屋敷ダイニングの爆弾設置場所は王座の間と武器庫へと変更されます。またアーケード入り口は封鎖され、ドラの間が新たな入り口となります。

シージ201911110104

 

その他アップデート

・弾丸の貫通システムが実装されます。
・ラペリング開始時と同じボタンでラペリングの終了が決定できるようになります。
・オペレーターの価格の引き下げ(Hibana、Echo、Dokkaebi、Vigil、Zofia、Nomad、Kaid)

 

 

 オペレーション「シフティングタイド」はWindows PC版テストサーバーにて11月11日(月)からプレイ可能です。このテストサーバーは『レインボーシックス シージ』に新しく追加されるゲームプレイをテストするバージョンです。テスト環境でのプレイとなりますので実際のゲームプレイとは異なる場合がございます。テストサーバー版をご体験した場合は是非コチラにてフィードバックをご共有ください。

 

オペレーション「シフティングタイド」ゲームプレイトレーラー

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Copyright© eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト , 2019 All Rights Reserved.