クラッシュ・ロワイヤル ゲーム

【クラロワ】現環境で最も勝率が高い「2.8ウォールブレイカーデッキ」

クラロワ2019111802

 どうも、IGです。今回は現環境で最も勝率が高い「2.8ウォールブレイカーデッキ」を紹介します。このデッキはカード性能が高いウォールブレイカーを高回転で出すことができるデッキとなっています。早速ですが、「2.8ウォールブレイカーデッキ」の構成や基本的な使い方、意識するべきポイントを解説していきます。

 

2.8ウォールブレイカーデッキ

デッキ構成

・ウォールブレイカー
このデッキの攻め手となるカード。カード性能が高い。

・ディガー
攻防共に使える使い勝手の良いユニット。

・バルキリー
範囲攻撃ができる防衛能力が高いユニット。

・マジックアーチャー
射程が長い後衛ユニット。防衛役として非常に優秀。現環境において最も活躍するカード。

・コウモリ
攻防共に使える使い勝手の良い空ユニット。ザップや巨大雪玉が無い敵に対して効果的。

・スケルトン
使い勝手の良い小物系ユニット。誘導役として非常に優秀。

・ボムタワー
範囲攻撃ができる建物。複数のユニットを効果的に処理できる。

・ローリングウッド
相手の小物系ユニットを処理する2コスト呪文。

 

基本的な使い方

 このデッキは、ウォールブレイカーを高回転で出して積極的に攻めていくデッキとなっています。ディガーでタワーのターゲットをとり、ウォールブレイカーやコウモリで攻撃を仕掛けていくのが基本的な攻め方となります。ウォールブレイカーとコウモリのどちらで攻撃するかは相手のデッキによって異なります。例えば、相手のデッキにザップなどのカードが入っている場合は、ウォールブレイカーを出して攻撃を仕掛けていき、反対にローリングウッドやバルキリーなどのカードが入っている場合はコウモリで攻撃を仕掛けていきましょう。

ポイント

  • ウォールブレイカーを高回転で出していく
  • 相手の低コスト呪文によって攻め方を変える

 

意識するべきポイント

 このデッキの最大火力は他のデッキに比べてそこまで高くないので、相手に攻撃、防衛の形をつくらせないように試合の主導権を握り続けることが重要になります。前述のように相手の呪文を把握して処理しにくい攻撃をしたり、ウォールブレイカーを片方に出したり、またはセパレートして出したり、相手が嫌がる攻撃を行っていくことで試合の主導権を握りやすくなるでしょう。他にも様々なことから試合の主導権を握ることができますが、「2.8ウォールブレイカーデッキ」を使い慣れていない方は、まずは攻撃から試合を組み立てていくようにしましょう。

 

まとめ

 前回のバランス調整によってウォールブレイカーは弱体化してしまいましたが、現環境においてもまだまだ使えるカードです。アドバンテージをとられないように処理することが難しいカードなので、低トロフィー帯であればあるほど攻撃が通りやすいです。レジェンドアリーナ付近で伸び悩んでいる方は「2.8ウォールブレイカーデッキ」を1度試してみてはいかがでしょうか。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
IG

IG

ライター歴1年のIGです。個人でもFPSサイトを運営しており、特に攻略系の記事が得意で、初心者が少しでも上手くなれるよう意識して執筆していきます。

Copyright © eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト, 2018~2019 All Rights Reserved.