Call of Duty eスポーツ ゲーム 大会・イベント情報

【CoD:MW】12名のインフルエンサーが参戦「バンドルカードカップ」

バンドルカードカップ2019112602

 株式会社カンムは、株式会社リバレントが12月8日(日)に開催するPlayStation®4用ソフトウェア「Call of Duty: Modern Warfare(コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア)」のeスポーツ大会「バンドルカードカップ」にメインスポンサーとして協賛することを発表した。

 バンドルカードカップは12名(コテつな/鈴木ノリアキ/赤谷玲菜/みったん/R1CHARD/ラーク/k4sen/Nicochaaaaaaaann/WinRed/GenGar AX/加齢た声/ななか)のインフルエンサーと一般応募で選ばれた20名の計32名が、総勢100名の観客の前で腕を競い合う。

※以下、プレスリリース引用

 

 

 近年のゲーム市場ではオンライン要素の存在感が高まりつづけています。デジタル配信型コンテンツやオンライン対戦も普及し、ゲームが国際スポーツ大会で「eスポーツ」として採用されるなど注目を集めています。ゲーム本体の発売時だけでなく新規エピソード追加やゲームプラットフォームでのフラッシュセールなどさまざまな場面で課金(購入)するタイミングが訪れるため、常に求められるのがスピーディで安定した決済手段です。

 カンムが運営する「バンドルカード」は、最速1分で発行できる迅速性や、年齢・職業に関係なく使える利便性という特長を備える、Visaブランドのプリペイドカードです。これらの特長がゲームファンのニーズに合致し、2016年のサービス開始より大きな支持を受けてきました。チャージ手段も豊富に揃っており、その時どきの決済シーンに合わせて選択できます。

 「PlayStation®4用ソフトウェア『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア』(以下「CoD:MW」、発売元:(株)ソニー・インタラクティブエンタテインメント)」は一人称視点の人気シューティングゲームシリーズ「コール オブ デューティ」の最新作で、2019年10月25日に発売されました。今回の「バンドルカード カップ」は「Call of Duty MWで “誰” が本当に一番強いのか決めよう」をコンセプトに、チーム戦ではなく、Call of Dutyの歴史でも珍しい個人マッチかつ誰でも参加できるFree for All 形式で実施いたします。

大会概要は以下のとおりです。

 

バンドルカード カップ 概要

  • 開催日時:2019年12月8日(日)15時~19時(予定)
  • 開催場所:e-sports SQUARE AKIHABARA(JR秋葉原駅より徒歩5分)
  • 一般参加方法:抽選方式による(エントリー期限11月29日(金)まで)
  • 大会枠の参加予定選手や応募条件などの詳細は<http://bit.ly/2XAChtG>をご覧ください。

カンムは「バンドルカード」を通じて、より多くの方に、これからの時代にあったカード体験を提供してまいります。

 

「バンドルカード」について

 「バンドルカード」は、カンムが発行するVisaブランドのプリペイドカードです。最短1分で発行できる便利さと、チャージ式で利用金額がわかりやすい安心感が支持され、専用アプリは通算180万ダウンロードを突破いたしました。スマートフォンアプリに表示してネットショッピングで使える「バーチャルカード」のほか、日本を含む全世界200以上の国と地域にあるVisa加盟店でご利用いただけるプラスチック製カードの「リアル」「リアル+(プラス)」が発行できます。

 

株式会社カンムについて

 株式会社カンムは、2011年1月の創業から一貫して「技術力と金融」の融合をテーマにサービスを展開する企業です。投資家向け情報サイト運営やクレジットカード加盟店への送客サービスを経て2016年に「バンドルカード」をリリースし、その後も多くの金融機関・決済事業者と連携しながら、個人ユーザーの簡単・便利な決済を支えています。2018年には株式会社フリークアウト・ホールディングスと包括的資本提携を結び、さらなる事業拡大に努めています。

コーポレートサイトURL:https://kanmu.co.jp/

 

大会に関するお問い合せ先

株式会社Libalent
Tel:03-5155-0464
メール:info@libalent.com

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Copyright © eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト, 2018~2020 All Rights Reserved.