Apex Legends ゲーム

【Apex】12月4日アップデート、プレイヤーレベル上限解放など

Apex2019120403

 本日、12月4日(水)に行われた「Apex Legends」のアップデート情報を紹介します。今回はプレイヤーレベルの上限解放やトレーニングモードでのフレンドリーファイア有効化が可能になるなどの変更が入りました。この他にも様々なアップデートが行われたので、1つずつ確認していきましょう。

 

Apex Legends 12/4 アップデート内容

プレイヤーレベルの上限解放

プレイヤーレベルの上限が100から500に増加されました。それに伴い、レベル100に到達するために必要なXPが約5%減少されました。また、プレイヤーレベルの上限が開放されたことで、新たなApexパックを獲得できるようになりました。

アップデート前のレベルが100以上の場合は、アップデート後、レベル100に戻ります。

ガンチャーム追加

ガンチャームが新たに36個追加されました。Apexパックで獲得できるほか、ショップにも登場するようになりました。

 

トレーニングモードでフレンドリーファイア有効化

トレーニングモードでフレンドリーファイアのオン、オフが設定できるようになりました。これによってフレンドと実践形式で撃ち合うことが可能になります。

 

フィニッシャーキャンセル追加

フィニッシャーを途中でキャンセルできるようになりました。間違えてフィニッシャーをしてしまうことが多々あるので、非常に嬉しい変更ですね。

 

ワットソン強化

ワットソンのアルティメット「インターセプター」に調整が入り、範囲内からであれば投擲物を投げられるようになりました。範囲外から投擲物を投げた場合、それが味方の投擲物であっても「インターセプター」の範囲内に着地する場合は無効化されます。

関連記事:籠城戦ができるワットソンの使い方と立ち回り

 

ノックダウンシールド強化

以前まで正面にのみノックダウンシールドが展開されていましたが、頭上と後ろにも広がるようになりました。その一方、ノックダウンシールドを展開している際の移動速度が少し遅くなりました。また、白と青のノックダウンシールドの耐久値が上昇。アップデート後の耐久値は下記の通りです。

ノックダウンシールド耐久値

  • 白:100 → 200
  • 青:250 → 450

 

最終リング収縮地点

最終リング収縮地点が一方的な結果で終わる、いわゆる詰みのような収縮地点にならないように改善されました。具体的にどのようなシステムかは分かりませんが、理不尽な決着が起きなくなったということです。また、収縮の傾向が分かれば、それを利用した戦略が立てられるようになるかもしれません。

 

その他

  • 金アーマーの出現率低下
  • デスボックスを見ている際にダメージを受けた時、メニューを閉じるかどうかを決定する設定を追加

 

まとめ

 個人的に今回のアップデートで嬉しかったのは、トレーニングモードにおけるフレンドリーファイアの有効化です。フレンドと対決をしたり、一緒に練習やエイム合わせをすることができるので、フレンドとプレイするのが捗りそうです。今回のアップデートで、初心者はトレーニングモードでフレンドと腕を磨き、上級者はプレイヤーレベルを上げるという1つの目標が出来たので、今後も継続してApex Legendsを楽しむことができそうですね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
IG

IG

ライター歴1年のIGです。個人でもFPSサイトを運営しており、特に攻略系の記事が得意で、初心者が少しでも上手くなれるよう意識して執筆していきます。

Copyright © eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト, 2018~2019 All Rights Reserved.