クラッシュ・ロワイヤル ゲーム

【クラロワリーグ】世界一決定戦「Higher、JACKを完封」

クラロワ2019121102

 どうも、IGです。今回は「クラロワリーグ 世界一決定戦 2019 準々決勝 W.EDGM vs FAV gaming SET2 1on1 Higher vs JACK」の試合を考察していきます。今回の試合でJACK選手が使用したデッキは、自身が得意としているホグデッキやペッカ攻城デッキです。しかし、Higher選手がそれを完封し、JACK選手を寄せつけませんでした。JACK選手を完封したプレイング、デッキはどういったものかに注目しながら、1試合ずつ振り返っていきましょう。

 

 

クラロワリーグ 世界一決定戦 2019

  • 各地域のリーグ戦を勝ち抜いた計6チームで構成(日本からはFAV gamingが出場)
  • 準々決勝、準決勝はBO3形式
  • SET 1 2on2 各チーム2名選出
  • SET2 1on1 各チーム1名選出
  • SET3 KING OF HILL(1on1の勝ち抜き戦) 各チーム3名選出
  • 決勝はBO5形式
  • SET 1 2on2 各チーム2名選出
  • SET2.3.4 1on1 各チーム1名選出(同選手の連続出場は禁止)
  • SET5 KING OF HILL(1on1の勝ち抜き戦) 各チーム3名選出

 

準々決勝 W.EDGM vs FAV gaming

  • GAME1 1:53:37~
  • GAME2 2:02:22~

 

 

SET2 1on1

W.EDGM:Higher選手

FAV gaming:JACK選手

 

GAME1 デッキ構成

Higher選手のデッキ構成

ダークネクロ入りメガナイトラムライダーデッキです。

 

JACK選手のデッキ構成

インフェルノタワー入りホグデッキです。

 

GAME1 試合の流れ

序盤の流れ

クラロワリーグ 世界一決定戦 2019/YouTube

序盤、Higher選手のダークネクロとアサシンユーノをJACK選手はアイスゴーレムやアイススピリット、マスケット銃士をうまく使って防衛していく。Higher選手もメガナイトでマスケット銃士を処理してカウンターに繋げるが、JACK選手はインフェルノタワーでしっかりと防衛する。

その後、JACK選手はリベンジゴブリンとアサシンユーノをスケルトンやアイスゴーレムでうまく誘導したり、ラムライダーによる突進攻撃を巨大雪玉で阻止したりと落ち着いた防衛を見せる。

序盤は五分の状況。

 

中盤の流れ

クラロワリーグ 世界一決定戦 2019/YouTube

中盤、JACK選手はホグライダーを高回転で出し、積極的に攻撃を仕掛ける。Higher選手はホグライダーに対してラムライダーを出してうまく防衛していくが、高回転で出されるホグライダーにラムライダーが間に合わず、タワーにダメージを与えられてしまう。

中盤はJACK選手が有利な状況。

 

終盤の流れ

クラロワリーグ 世界一決定戦 2019/YouTube

終盤、Higher選手はJACK選手の高回転攻撃に付き合わず、メガナイトを展開してゆっくりと攻撃の形をつくっていく。JACK選手はインフェルノタワーを出して迎え撃つ姿勢をとるが、守り切ることができず、大きくダメージを与えられてしまう。

最後はメガナイトの攻撃がタワーに届き、1vs0でHigher選手の勝利。

WINNER Higher選手

 

GAME1 試合考察

 中盤まではJACK選手のペースでしたが、メガナイトで攻撃された時に一気に形勢が逆転しました。JACK選手はメガナイトなどを誘導するためにホグライダーを防衛で使いましたが、ほとんど効果はありませんでした。(1:56:58~)

 その結果、4エリクサー分のアドバンテージを取られ、大きくダメージを与えられてしまいました。この些細なミスが勝敗を分けることになり、悔やまれる敗戦でした。

 

 

GAME2 デッキ構成

Higher選手のデッキ構成

ダークネクロ入りメガナイトラムライダーデッキです。

 

JACK選手のデッキ構成

ペッカ攻城デッキです。

 

GAME2 試合の流れ

序盤の流れ

クラロワリーグ 世界一決定戦 2019/YouTube

序盤、JACK選手は相手のダークネクロに合わせてペッカを早めに出していく。それに対してHigher選手はメガナイトを出して処理し、カウンターに繋げる。JACK選手は攻城バーバリアンを中央に出して逆サイドに誘導するが、ラムライダーを追加されてしまい、一気にタワーを折られてしまう。

序盤はHigher選手が有利な状況。

 

中盤の流れ

クラロワリーグ 世界一決定戦 2019/YouTube

中盤、JACK選手はペッカと攻城バーバリアンを出して両サイドに攻撃を仕掛ける。Higher選手はラムライダーやゴブリンの檻を駆使して何とか防衛に成功するが、エリクサーアドバンテージを大きくとられてしまう。

中盤もHigher選手が有利な状況。

 

終盤の流れ

クラロワリーグ 世界一決定戦 2019/YouTube

終盤、JACK選手はペッカを後ろから展開して攻撃の形をつくっていくが、ダークネクロやゴブリンの檻でペッカが誘導されてしまい、タワーに攻撃を届けることができない。

そのまま試合が終了し、1vs0でHigher選手の勝利。

WINNER Higher選手

 

GAME2 試合考察

 序盤のカウンターでタワーを折ることができたHigher選手は、防衛力が高いゴブリンの檻やラムライダーを活用して守り切ることに成功しました。Higher選手のデッキはメガナイトやベビードラゴン、巨大雪玉といった防衛しやすいカードが多く入っていたため、カウンターでタワーを折った後は楽に防衛することができました。一方のJACK選手は攻城バーバリアンをラムライダーで防衛されたり、ペッカをゴブリンの檻で誘導されたりとうまく対処されてしまい、突破口を開くことができませんでした。

 

 

準々決勝 SET2 の感想

 準々決勝 SET2 1on1の勝者は、W.EDGM Higher選手となりました。今回の試合はJACK選手らしくないプレイが続きましたね。要所要所で素晴らしいプレイをしていただけに、非常に悔やまれる1戦となりました。Higher選手は一貫してダークネクロが入ったメガナイトラムライダーデッキを使用し、JACK選手を対策してきたことが伺えました。JACK選手がよく使うデッキはペッカ攻城デッキやクロスボウデッキ、バルーンデッキやホグライダーデッキで、Higher選手のデッキはこれらのデッキ全てと対等以上に戦うことができます。JACK選手のプレイ以前にHigher選手の研究量やプレイングの上手さが見てとれた試合でした。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
IG

IG

ライター歴1年のIGです。個人でもFPSサイトを運営しており、特に攻略系の記事が得意で、初心者が少しでも上手くなれるよう意識して執筆していきます。

Copyright © eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト, 2018~2020 All Rights Reserved.