Apex Legends eスポーツ ゲーム 大会・イベント情報

公式eスポーツ大会「Apex Legends Global Series」開催

APEX2019121901

 1月25日(土)から、エレクトロニック・アーツ(Electronic Arts)主催の公式eスポーツ大会「Apex Legends Global Series」が開催される。オンライントーナメント、チャレンジャーイベント、プレミアイベント、メジャーの4つの大会が行われ、最上位に位置付けられるメジャー大会は4大会実施される。

 4つ目のメジャー大会「Apex Legends Global Series Championship」と銘打ち、Global Seriesを勝ち抜いた上位60チームが招待される。尚、「Apex Legends Global Series」の賞金総額は300万ドル(日本円で約3億3000万円)にも及ぶ。

※この記事に掲載する一部の画像や文章は「Apex Legends公式サイト」から引用しております。

 

大会概要

引用:Apex Legends公式

<大会名>
Apex Legends Global Series

<開催日時>
・2020年1月25日(土)~27日(月)
「オンライントーナメント」 第1回メジャーへの出場資格を付与
・2020年2月29日(土)~3月2日(月)
「オンライントーナメント」 第1回プレミアイベントへの出場資格を付与
・2020年3月13日(金)~15日(日)
「第1回メジャー」テキサス州アーリントン(アメリカ)のeスポーツスタジアムで開催(賞金総額50万ドル)
(以降のイベントは順次、公式サイトで発表される。)

<トーナメント、イベントについて>
オンライントーナメント:Apex Legends Global Seriesのエントリー的な位置付けのイベント。PC版の公式オンライントーナメントで好成績を残すことで、Apex Legends Global Seriesポイントを獲得し、オフラインイベントへの出場資格が得られる。オンライントーナメントの運営には「Battlefy」が使用される。

チャレンジャーイベント:その地域の才能ある選手が輝くためのオフラインイベント。「Apex Legends」の競技人口の中でも各地域の選手にスポットライトを当てることを目的とし、優勝者にはその後のメジャーへの出場資格が与えられる。

プレミアイベント:世界各地のオンラインイベントでトップの成績を収めた選手を集めて行われる、世界規模のオフラインイベント。プレミアイベントでトップに立った選手は、Apex Legends Global Seriesポイントを多く獲得できるほか、メジャーにシード選手として招待される。プレミアイベントはPGLとGLLがスポンサーおよび運営を務める。

メジャー:最上位のEAオフラインイベント。世界中のトップ選手たちが集結し、年間最大規模の賞金を懸けて激突する。「Apex Legends」メジャーの優勝者には、世界最高の選手の称号が贈られる。

<メジャーの詳細>
Apex Legends Global Seriesではメジャーが4大会開催される。メジャー最初の3大会の参加枠は300人(3人チーム×100)で、賞金総額50万ドルとなっている。メジャーの4大会目は「Apex Legends Global Series Championship」と銘打ち、Global Seriesの上位60チームのみを招待して開催され、賞金総額は100万ドル(約1億1000万円)となる。

各メジャーの最後を飾る決勝戦では、ポーランドで今年開かれた「Apex Legends Preseason Invitational」で導入された「Apex Legends」マッチポイントシステムが採用される。マッチポイントシステムでは、所定のポイントを獲得するとマッチポイントが点灯し、マッチポイントを点灯させたチームが試合に勝った時点でトーナメントが終了。優勝チームは、「Apex Legends」チャンピオンに輝く。

<エントリー>
Global Series登録ファーム
※第1回オンライントーナメントの出場受付は1月11日(土)より開始。

<配信>
「Apex Legends Global Series」のメジャーおよびプレミアイベントの全大会、そして一部のオンライントーナメントについては、ライブストリーミングが予定されているが詳細は未定。

 

その他、詳細情報は下記公式サイトからご確認下さい。
Apex Legends公式サイト

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
IG

IG

ライター歴1年のIGです。個人でもFPSサイトを運営しており、特に攻略系の記事が得意で、初心者が少しでも上手くなれるよう意識して執筆していきます。

Copyright © eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト, 2018~2020 All Rights Reserved.