クラッシュ・ロワイヤル ゲーム

【クラロワ】1月6日に実施されるバランス調整とおすすめデッキを紹介

クラロワ2020010602

 1月6日(月)に行われる「クラッシュ・ロワイヤル」のバランス調整後のおすすめデッキを紹介します。今回は4体のユニットにバランス調整が行われており、基本ステータスの変動だけではなく、細かい部分の調整も行われます。それぞれのバランス調整内容を確認しながら、おすすめデッキの基本的な使い方を解説していきます。

 

 

1月6日 バランス調整内容

ダークネクロ

  • 最初のコウモリ生成時間:1.3秒 → 3.5秒
  • 攻撃の初動:0.6秒 → 0.75秒

 

エリクサーゴーレム

  • ヒットポイント:-6%

 

漁師トリトン

  • 遠距離攻撃の射程:6 → 7
  • 遠距離攻撃速度:1.1秒 → 1.5秒

 

ラヴァハウンド

  • 射程:2 → 3.5
  • ラヴァパピィ
    -ダメージ:+67%
    -攻撃速度:1秒 → 1.7秒
    -攻撃の初動:0.3秒 → 1秒
    -射程:2 → 1.6

 

 

バランス調整後のおすすめデッキ

トリトン入りエリゴレスパーキーデッキ

・エリクサーゴーレム
このデッキの盾役となる大型ユニット。

・スパーキー
地上ユニットに対して効果的な後衛ユニット。

・漁師トリトン
大幅強化されたユニット。相手ユニットを誘導することができる。

・エレクトロウィザード
空ユニットやインフェルノ系に対して強力なユニット。

・ダークプリンス
小物系ユニットを処理できる地上受けユニット。

・メガガーゴイル
このデッキ唯一の空ユニット。空ユニットを処理することに長けている。

・巨大雪玉
小物系ユニットを処理できる2コスト呪文。

・ライトニング
相手の後衛ユニットを処理できる6コスト呪文。

 

基本的な使い方

 基本的にカウンターを狙っていくデッキで、トリトンで相手ユニットを誘導し、スパーキーで処理する防衛が非常に強力です。スパーキーを出した後はエリクサーが枯渇しやすいので、3コストで手軽に出せるエリクサーゴーレムと非常に相性が良いです。スパーキーの苦手とするエレクトロウィザードやライトニングドラゴンは、ライトニングで簡単に処理することができます。また、小物系ユニットを駆使する相手に対しては、ダークプリンスを合わせて出すと良いでしょう。

 

 

まとめ

 今回のバランス調整で「エリゴレダクネヒーラーデッキ」1強の環境は終わりを迎えそうです。強化されたトリトンは遠距離攻撃が以前の射程に戻ったことで、非常に使いやすくなりました。強すぎる場合は実装当初と同じ4コストになるとのことですが、近い将来戻りそうな予感がします。そのため、3コストのうちにトロ上げをしたり、グラチャレで報酬を獲得することをおすすめします。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
IG

IG

ライター歴1年のIGです。個人でもFPSサイトを運営しており、特に攻略系の記事が得意で、初心者が少しでも上手くなれるよう意識して執筆していきます。

Copyright © eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト, 2018~2020 All Rights Reserved.