ゲーム モンスターストライク

【モンスト】今更聞けない「レベルの書」について徹底解説

モンスト2020010701

 皆さんこんにちは、yoskです。先日のアップデートで追加された「修練の扉」により、レベルの上限解放が容易になったモンスト。毎週ミッション報酬で得られる「レベルの書」を加えれば、キャラクターのレベル上限解放は今やレア感が一切無くなったと言えます。

 とは言え、獣神化キャラクターに手当り次第付けるのはちょっと…とお悩みの方も多いのではないでしょうか。そこで今回はレベル上限解放のおすすめモンスターをまとめてみましたので紹介していきます。

 

レベルの書とは

獣神化しているキャラクターの最大レベルを99から120に上限解放するためのアイテム。毎週月曜日にリセットされる週間ミッションや定期的に開催されるミッションで獲得できます。

修練の扉

 

タイプ別レベルの書の使い方

レベルの書の使い方は以下のタイプに分かれます。

  1. ガチタイプ
  2. お気に入りタイプ
  3. 取り合えずタイプ

大きく分けてこの3つに分類されます。それぞれのメリット・デメリットについて説明していきます。

1.ガチタイプ

文字通り「ガチ(本気)」で強いキャラクターを作るために、レベルの書を使うタイプを指します。「轟絶」や「爆絶」、「禁忌の極」といった高難易度を周回する方はこのタイプかと言えます。レベル上限を開放することで、各種ステータスが上昇するため、高難易度において非常に重要な手段です。

その反面、近年のモンストは柔軟性あるキャラクターより、それぞれのクエストに特化したキャラクターが多いため、高難易度を周回しなくなった途端に無駄になるケースがあります。この点は勿体なさがあるので、レベルの書を使う前にそのキャラクターの使う場所(先)を見ることが必要です。

お気に入りタイプ

純粋に好きなキャラクターに付与するタイプです。モンストは現時点で4500体を超えるキャラクターがいます。かっこいいキャラクター・かわいいキャラクター、また人気作品とのコラボキャラクターなど様々です。その中で、レベルの書を付けることができるキャラクターは143体です。お気に入り+強いの要素が加わるため、そういった付与の仕方も良いと言えます。

反面、そのキャラクターが高難易度で使えるかどうかは別の話となります。付与したものの、ずっと使わない可能性も無きにしも非ず...その点はデメリットといえるでしょうか。

とりあえずタイプ

特に強くしたいキャラもいない、お気に入りのキャラクターもいないといった方はこのタイプかと思います。冒頭でも言いましたが、既に複数枚の「レベルの書」が配布されており、よく使うキャラクターには付け終わったという方もいるかもしれません。実は意外と多いと思われるこのタイプ。筆者も現時点でここに該当します。

今後も配布量が増えるレベルの書ですが、誰彼構わず付与すると、後々強キャラやお気に入りのキャラが登場した際に後悔する可能性もあります。その点ではとりあえずはデメリットが多いかもしれません。

 

レベルの書おすすめキャラクター

ここからは私が思うレベルの書おすすめキャラクターを紹介していきます。既にレベルの書を付けている方もいるかと思いますが、まだ悩んでいる方は参考にしてください。コラボキャラクターやαシリーズは入手できないため、おすすめには入れておりません。

ガチャ限定

ガブリエル

引用:ゲーム内映像

引用:ゲーム内映像

2019年のエックスフラッグパークにて発表されたガブリエル獣神化。モンスト2種類目となる獣神化での分岐も話題となりました。ガブリエルは唯一無二、獣神化の2形態を使い分けることができるキャラクターで、1体レベル上限解放しておけば、両形態共に上限解放状態で使用できます。モンストに登場してから4年目となる古参のキャラクターですので、持っている方も多いのではないでしょうか。その強さは使わずともわかるという方も多いと思います、お持ちの方はレベルの書を付与してみましょう。

卑弥呼

引用:ゲーム内映像

言わずと知れた火属性最高クラスのキャラクター。2020年の新キャラクター「エクスカリバー」にその座を奪われつつありますが、それでもその強さは折り紙付き。安置アビリティは1つしか持っていないものの、属性キラーが乗る友情コンボは画面全体に渡って強さを発揮します。直接敵を攻撃する殴りにもそのキラーが乗るため、レベル上限を開放して攻撃力を底上げすれば、その強さは他を圧倒するものになります。

アーサー

引用:ゲーム内映像

ダメージウォール・重力・ワープのメインギミック全てに対応できる優秀なキャラクター。高難易度で使う頻度は低いものの、使いやすさは他の追随を許さないものがあります。能力を底上げすれば、クエストの周回はさらに早くなるでしょう。

ワルプルギス

引用:ゲーム内映像

卑弥呼に匹敵する火属性強キャラクター。こちらもダメージウォールにしか対応していないものの、友情火力は他の追随を許さないほどです。また貫通のため、敵への攻撃だけではなく、味方に当たりやすい点も評価できます。使い勝手が良いので長く使え、レベルの書を使うにはうってつけと言えます。

ハイビスカス

引用:ゲーム内映像

特定の轟絶クエストで凄まじい性能を発揮します。元のステータスは比較的平均的なので、ステータスを上げるためにもレベルの書の使用は効果的です。汎用性は決して高くありませんが、強化して損はありません。

降臨キャラ

アドゥブタ

引用:ゲーム内映像

モンスト高難易度である「轟絶」をクリアすることで獲得できるキャラクターです。ガチャ限定キャラ以上の評価で、友情コンボもさることながら直接攻撃も優秀です。そのため、アドゥブタを獲得したらレベル上限解放はマストと言えます。因みに、アドゥブタのクエストの最適性キャラクターが、上記のハイビスカスです。

シュリンガーラ

引用:ゲーム内映像

こちらも「轟絶」をクリアすることで獲得できるキャラクターです。2018年6月の轟絶クエスト初のモンスターですが、高難易度故にクリアが難しく所持している方は決して多くありません。その分高スペックとなっており、アドゥブタ同様にレベル上限解放は必須です。まだ入手できていない方は、入手後すぐに開放できるようにレベルの書を確保しておきましょう。

 

 降臨キャラで獣神化しているのは轟絶で獲得できるキャラクターのみとなっています。どれも性能が高く迷う部分もありますが、上記に挙げたキャラクターは迷わず付けるべきキャラクターです。獲得したらすぐに強化を行いましょう。

 

レベルの書の注意点

■獣神化実装が古いキャラクターは避ける

 上記で挙げたキャラクターはどれも使用頻度が高くなるため、今からでも問題なく前線で活躍していきます。逆にレベルの書を付ける際の注意事項として、「獣神化してから長いキャラクター」には付けない方がいいと考えます。その理由として、6周年で発表された「獣神化・改」から自動的にレベル上限が解放されているので、レベルの書の付与が無駄になってしまう可能性があるからです。

※「獣神化・改」になる可能性が有るキャラクター

  • アグナムート・アグナムートX
  • ワールド
  • リン・ツ―
  • ロイゼ など

ゲーム内にある「モンスター図鑑」を見て、自身が付与したいキャラクターを確認してみましょう。

 

まとめ

 既に数十枚配布されている「レベルの書」ですが、迷う故に余っている方も多いと思います。それぞれタイプによってアイテムの使い方は異なりますが、上記に記載したキャラクターの中で、まだ付与していないキャラクターがいれば、付与してみてはいかがでしょうか。尚、次回はレベルの書と同時に配布が開始された「戦型の書」について掲載します。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
yosk

yosk

30代3児の父親。普段はハンドルを握り全国各地を駆け回るドライバー。 暇な時は専らゲーム三昧。スマホゲーム(荒野行動、モンスト)が中心。 課金をすると歯止めが効かなくなる為、嫁に圧力を掛けられている。モットーは「課金はロマン」。口が裂けても嫁には言えない。

Copyright © eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト, 2018~2020 All Rights Reserved.