ゲーム モンスターストライク

【モンスト】今更聞けない「戦型の書」について徹底解説

モンスト2020010902

 皆さんこんにちは、yoskです。今回は「レベルの書」と同時に実装された「戦型の書」について紹介していきます。戦型の書は実装後も配布量が少なく、未だにどのキャラクターに付与するか悩んでいる方が多いと思います。レベルの書同様に付与するおすすめキャラクターにも触れていきます。

 

 

戦型の書とは

 各キャラクターが持つ戦型を強化できるアイテムです。獣神化済みのキャラクターに使用でき、付与することで「超戦型」になります。超戦型の効果は下記で説明しますが、特殊な効果を得れます。獣神化・改のキャラクターは、戦型の書を使用しなくても付与された状態となっています。

引用:ゲーム内映像

 

 

戦型別効果

 戦型の書は、付与するキャラクターの戦型によって効果が異なります。今回は戦型ごとに効果を紹介すると共に、その戦形を持ったおすすめキャラクターも紹介していきます。「レベルの書」とは違い、今回はコラボキャラクターやαシリーズなどの現在入手できないキャラクターも含めます。

超バランス型

<効果>

  • クエストに出現する「ハート」アイテムの効果が20%アップ
  • 有利属性の敵に対して攻撃力が5%アップ

 バランス型のメリットは攻守ともにバランスが取れた強化が行われる点です。難易度が上がるにつれ、1つの攻撃が重要となると同時に、敵から受けるダメージも高くなるため、回復も重要です。特に、ハートアイテムの強化に関しては、最終局面を迎えるにつれてより重要となってきますので、20%の恩恵は非常に大きいです。

 とは言え、最近では回復=ハートアイテムではなく、ヒーリングウォール・ハートパネルといった方法が用いられているため、ハートの恩恵が受けにくい場合もあります。それでも有利属性への攻撃力5%アップは侮れませんので、効果としては申し分ないでしょう。

<おすすめキャラクター>

ノストラダムス

引用:ゲーム内映像

 超マインスイーパーにより、各ステージ毎に地雷を4個所持している状態になったノストラダムスですが、その威力を底上げできる超戦型は付与する価値があると言えます。攻撃力5%アップは有利属性(火属性)のみ対象ですが、光・闇キラーも所持しているため、そちらに合うクエストではハートの効果アップの恩恵を受けるので、様々なクエストで活躍できます。

グングニルα

引用:ゲーム内映像

 超ダメージウォールに加え、弱点キラーを持っているため、攻撃力アップの恩恵が大きいキャラクターです。また貫通キャラクターなので、ステージ内のハートを取りに行きやすい点も効果アップと相性が良いと言えます。現時点で入手はできませんが、お持ちの方は戦型の書を付与してみてはいかがでしょうか。

クラピカ

引用:ゲーム内映像

 HUNTER×HUNTERコラボキャラクターで、高難度クエスト「禁忌の獄」のあらゆる階層で活躍出来る非常に優秀なキャラクターです。キラーアビリティはありませんが、SS(ストライクショット)「エンペラータイム」中の攻撃力は非常に高く、その威力を底上げできる点でクラピカに付与することをおすすめします。使用頻度も高いため、付与して損はありません。

 

超スピード型

<効果>

  • クエストに出現する「靴」アイテムの効果が20%アップ
  • 最初に触れた壁でスピードアップ

 超戦型の中でも一番効果が見えやすい超スピード型。この超戦型の一番の魅力は最初の壁に触れた際の加速にあります。加速は1度だけですが、「超重力バリア」のアビリティが付与されたような性能があるので非常におすすめです。また、既存で重力バリアを持っているキャラクターに付与すれば、さらに効果を体感できます。靴アイテムの恩恵よりも、壁に触れた際の恩恵が大きい戦型です。最近では一手で敵の処理が必要なクエストが増えているため、加速できる「超スピード型」はおすすめです。

<おすすめキャラクター>

ガブリエル(神化ベース)

引用:ゲーム内映像

 ガブリエルは貫通のため、敵を往復して攻撃できます。その為、敵を攻撃した後に壁に触れることができ、壁加速の恩恵を非常に受けやすいキャラクターです。攻撃力も高く、ダメージを出しやすいのも魅力です。また、進化ベースのガブリエル(砲撃型)へスライドして使うこともできるので、1度で2種類それぞれの効果を得れる点も魅力です。

キルア

引用:ゲーム内映像

 重力バリアのアビリティを所持しているため、重力クエストにおいてその能力がハッキリと分かります。壁に触れた際のスピードは超重力バリア以上に感じると同時に、SSも12ターンと非常に短いターンで使用でき、超戦型との相性も抜群です。モンストキャラクターで2体しかいない「全属性キラー」を所持している点も超スピードと相性が良いと言えます。こちらはHUNTER×HUNTERコラボのキャラクターのため、現在は入手できません。

卑弥呼

引用:ゲーム内映像

 レベルの書の記事でも掲載しましたが、属性キラーを持った卑弥呼は直殴りでもその強さを発揮します。また、SSの壁貫通チェーンメテオでも初動は加速対象となるため、超戦型の恩恵を受けられます。重力には対応していないので重力クエストでは対象外になりがちですが、超スピード型にすればその点も気になりません。

 

超砲撃型

<効果>

  • クエストに出現する「砂時計」アイテムの効果でSS(ストライクショット)が4ターン短縮
  • 爆発によって誘発された友情コンボの威力が50%→100%にアップ

 砂時計は2段階あり、2ターン→4ターンに成長しますが、超砲撃型のキャラクターが取った場合は、成長段階に関係なく4ターン短縮されます。強力なSSほどターンが長く、あと1ターンあればといった経験をした方も多いのではないでしょうか。それが軽減される点は魅力的です。その一方、アイテムが出て初めて効果を得られますので、そこは運要素となっていまします。

 友情コンボの威力も、組み合わせるキャラクターによって発動します。比較的多くのキャラクターが爆発系友情を持っているため、組み合わせ次第では友情コンボだけでクエストを進めることができます。しかし、高難易度では直殴りと言われる直接攻撃が主流となっていますので、こちらも一長一短といったところでしょう。

<おすすめキャラクター>

ベビーアーク

引用:ゲーム内映像

 アビリティの豊富さ故、様々なクエストで活躍できるキャラクターですが、このキャラクターの魅力は、自身も爆発友情を所持している点にあります。ベビーアークを複数組み合わせてもその性能を実感できます。また友情コンボ威力も高いため、おすすめです。

ルシファー

引用:ゲーム内映像

 一発逆転を狙える通称「大号令」。SSが16ターンで使用できる、言わずと知れた強キャラクターです。多くの方がわくわくの実でそのターンを短縮していますが、クエスト内で砂時計を取得できれば、更に短い時間で協力なSSを使えます。友情コンボの威力もさることながら、強力なSSを直ぐに使用できるキャラクターに付与するのも戦略ではないでしょうか。

ローレライ

引用:ゲーム内映像

 ホーミング友情の金字塔であるローレライは、2019年11月後半に獣神化したキャラクターのため、獣神化・改になる可能性も極めて低いのもおすすめな点ですが、なんと言ってもホーミング威力はモンスト内でもトップクラスなため、その威力を下げることなく放てる超戦型はおすすめです。周回を要するクエストにおいては、特にその威力を実感できます。

 

超パワー型

<効果>

  • クエストに出現する「剣」アイテムの効果が5%アップ
  • 最初に敵に触れた際の攻撃力が20%アップ

 パワー型ならではの「直殴り」に特化した効果アップとなっています。パワー型のデメリットとして移動速度が遅い点がありますが、初動の攻撃力が20%アップすることで、回数を稼がなくてもある程度はダメージが稼げる点は魅力です。また、パワー型の持つSSには、最初に触れた敵へ大ダメージを与えるものが多く、底上げにも繋がるため、戦型の書の付与はおすすめです。

<おすすめキャラクター>

出久(デク)

引用:ゲーム内映像

 デクの愛称で知られる「ヒーローアカデミー」とのコラボキャラクターで、モンストのあらゆるクエストを壊したクラッシャー。現在は入手できませんが、SS威力は様々な動画で検証されており、その威力は全モンストプレイヤーを驚かせたほどです。最近では「デク封じ」と言われるほど、各クエストで出久対策がされています。それでも1発で高難易度を終わらせるSS威力は他を圧倒するものがあり、戦型の書実装と同時に付与した方も多いと思います。

タケミカヅチ

引用:ゲーム内映像

 デクが登場するまで、このキャラクターのSSが様々なクエストを壊してきました。弱点キラーMのアビリティを持つため、攻撃を弱点にしっかりと当てられれば一撃の威力が大きく、その威力を戦型の書によって20パーセント上げれば、ボスすら一手で処理することが可能です。使用できるクエストは限られますが、その威力はデクに劣らないものがあります。

アンチテーゼ

引用:ゲーム内映像

 降臨クエストキャラクターで、その強さはガチャ限定に劣らない性能となっています。こちらは弱点キラーだけでなく、ゲージアビリティで超ダメージウォールを所持しているため、攻撃力の効果アップ恩恵が非常に大きいキャラクターです。獲得して使用できるまでは時間が掛かりますが、使えるようになったら戦型の書を付与してみましょう。

 

 

戦型の書の注意点

獣神化実装が古いキャラクターは避ける

獣神化してから長いキャラクターは「獣神化・改」になる可能性があります。獣神化改は、レベル上限解放だけではなく、超戦型にもなるため、戦型の書が無駄になってしまいます。実装から年月が経ったキャラクターに付与する際は、十分注意が必要です。

現時点で超戦型(獣神化・改)になっているキャラクター

  • ゴッドストライク
  • スサノオ
  • ハンターキング

この3キャラクターと実装が近いキャラクターは避けるのが賢明です。

お気に入りも出来れば避ける

レベルの書と違い、配布量が決して多くない戦型の書。お気に入りのキャラクターに付けるより、現環境で使っている強キャラクターに付ける方が得策と言えます。

■一度付けたら戻ってこない

上記2点に付随しますが、戦型の書は1度使用したら変更できません。そのため、付与する際は慎重に選ぶ必要があります。また、付与したキャラクターが「獣神化・改」になった場合も、付与した戦型の書は戻りません。

■レベル上限は解放されない

獣神化・改とは違い、あくまでも超戦型への進化になり、レベルは最大の99のままです。獣神化・改の様に、レベル上限も開放したい場合は別途「レベルの書」を使用する必要があります。

 

 

まとめ

 2020年1月時点で「戦型の書」は8枚配布されていますが、「レベルの書」と違い、配布量が少ないため、どのキャラクターに付与するか悩んでいる方が多いと思います。とは言え、最近では高難易度のクエストが増え、ちょっとでもキャラクター性能を底上げしたいといった場面が増えてきていますので、当記事を参考にして頂けたらと思います。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
yosk

yosk

30代3児の父親。普段はハンドルを握り全国各地を駆け回るドライバー。 暇な時は専らゲーム三昧。スマホゲーム(荒野行動、モンスト)が中心。 課金をすると歯止めが効かなくなる為、嫁に圧力を掛けられている。モットーは「課金はロマン」。口が裂けても嫁には言えない。

Copyright © eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト, 2018~2020 All Rights Reserved.