ゲーム フォートナイト

【フォートナイト】プロ御用達、ロケットランチャーのテクニック4選

フォートナイト202001210201

 「フォートナイト」チャプター2になってから出現率が増加したロケットランチャーですが、中には敵の建築を壊すためだけに使っているプレイヤーも少なくないかと思います。そこで今回は、ロケットランチャーを使った様々なテクニックを4つ紹介していきます。

 

ロケットランチャー+SMG、AR

 ロケットランチャーを放った場所に向かってSMGやARを撃ち、ロケットが着弾する前に壁を壊すことでロケットランチャーを直接敵に当てることができます。敵からすれば壁があるから大丈夫だと安心しており、弾が当たる直前に壁が壊れるため対応できずに被弾してしまいます。対策としては、ロケットランチャーを撃たれたら着弾する前から壁を張り続ける必要があります。

 

ロケットランチャー+SG

 先ほど紹介したのはSMG等で壁を壊してロケットランチャーを当てるといった方法ですが、こちらはロケットランチャーで壁を壊してSGを当てる方法になります。ロケットランチャーを敵のいる建築に撃ったら直ぐにSGに持ち替え、ロケットランチャーが当たる瞬間にSGを撃つことで敵にダメージを当てることができます。敵が見えていなくても、ロケットランチャーが当たった瞬間にSGを撃つことがコツです。

 

ロケットランチャーで壁の張替え

 敵が建築に籠っている際、ロケットランチャーで敵の建築を自分の建築に張り替えるテクニックです。やり方は、自分が自爆しないように敵の建築の横にロケットランチャーを撃ち、壁を設置し続けることで張り替えることができます。敵視点だと急に建築が壊れて、自分の周りを壁で囲むことに必死で張り替えられていたことに気づけません。

202001200101

 

ロケットランチャーで床と屋根の張替え

 このテクニックは床と屋根の両方を張る必要があるので先ほどより難易度は上がりますが、より相手は混乱しやすいテクニックです。やり方は、敵建築の横に下記画像のように階段を設置し、屋根の上に立ったら階段に向かってロケットランチャーを撃ち、素早く床と屋根を自分の足もとに設置することで張り替えることができます。階段から遠い位置に立たないと自爆してしまう危険性があるため、注意が必要です。

屋根202001200102

 

まとめ

 今回紹介したテクニックを状況によって使い分けることが大切です。敵の体力が少ない場合は「ロケットランチャー+SG」、敵が中距離以降にいる場合は「ロケットランチャー+SMG、AR」など臨機応変に使い分けていきましょう。

Copyright © eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト, 2018~2020 All Rights Reserved.