ゲーム フォートナイト

【フォートナイト】上級者テクニック「決め撃ち」を3つ紹介

フォートナイト202001230301

 今回は、フォートナイトのプロ選手や上級者が多用するテクニック「決め撃ち」のやり方を紹介していきます。他のゲームでいう「決め撃ち」とは、見えていない場所に敵がいる想定をし、飛び出してくる瞬間を狙って撃つことを指しますが、フォートナイトには決め撃ちの種類がいくつかあるため、その中から3つを紹介します。

 

編集のタイミングの決め撃ち

 強い選手が多用する決め撃ちは、主にこのテクニックになります。こちらの決め撃ちは、敵が建築を編集してくるタイミングで撃つものになります。やり方は、敵が編集するために紙を持った瞬間に撃ちます。空いた瞬間を撃つのではなく、空くのを見る前に撃つのが肝心です。タイミングがずれた場合は壁に当たることがあるため、撃った瞬間に建築で身を守るなどしましょう。

 フォートナイト202001230302 フォートナイト202001230303

 編集するためには必ずこの紙を手にします、上手なプレイヤーだと建築編集が早いので、紙を持った瞬間に撃つことでちょうど敵に当てることができます。

 

壁を壊すタイミングでの決め撃ち

 壁の張り替えにきた敵やSMG等を連射してくる敵に対して使います。壁が壊される瞬間にショットガンを撃つことで、ダメージを与えることができます。壊されるタイミングのリズムを掴むと、スムーズに反撃できるようになります。クリエイティブでボットを置いて練習することができるので、是非試してください。

 

飛び出してくるタイミングでの決め撃ち

 敵が建築から飛び出してくる際や横跳びをする瞬間に使うテクニックです。出てくるタイミングをよく見て、撃ちます。こちらは当たったらラッキーくらいの気持ちで撃つことが大切です。敵が見えるのを待っていると先に撃たれたり、建築を立てられたりしてしまいます。

 

まとめ

 決め撃ちはかなり上級者向けのテクニックですが、マスターすることでダメージを受けずに敵を倒すことができるので練習してみましょう。クリエイティブの1v1やBOX勝負で練習するのが1番効率が良いと思います。

Copyright © eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト, 2018~2020 All Rights Reserved.