Apex Legends ゲーム

【APEX】大型アップデート、新シーズン4「アシミレーション」開幕

apex シーズン4

 Apex Legendsに大型アップデートが配信され、シーズン4「アシミレーション」が開始されました。「World's Edge」の火山が噴火してマップに大幅な変化が起こり、新レジェンドや新武器が追加。更に既存武器のバランス調整や弾薬種類の増加により、新鮮なゲームプレイが楽しめるようになりました。

 

 

新レジェンド「レヴナント」追加

apex レヴナント

引用:エーペックスレジェンズ公式「レヴナント」

戦術アビリティ「サイレンス」

  • 敵にダメージを与え、10秒間敵のアビリティを無効にするデバイスを投げる。

パッシブアビリティ「ストーカー」

  • しゃがんだ状態で高速移動ができ、他のレジェンドより高く登ることができる。

アルティメットアビリティ「デストーテム」

  • 使用者を死から一定時間守るトーテムを呼び出す。キルやダウンをしない代わりに、使用者はトーテムの場所に戻る。

 

 

マップの変化

apex シーズン4マップ

引用:エーペックスレジェンズ公式「シーズン4のマップアップデート」

プラネットハーベスター

  • 燃料庫に代わってマップ中央に位置する巨大建造物。
  • ハモンドロボティクスが何らかの目的で惑星の核から貴重な金属資源をかき集める施設。
  • 赤いビームは島のいたるところから確認可能なため、これを目印としてプレイヤーは方角とマップの中心位置を把握できる。

キャピトルシティが2つに分裂

  • 火山で発生した裂け目により、シティがフラグメントイーストとフラグメントウエストの2つに分断。
  • この裂け目を移動できる場所は2箇所のみで、キャピトルシティの反対側から急襲されるリスクが低減。

上昇気流

  • キャピトルシティを分断する裂け目に落ちてしまった場合、三人称視点になり熱気を帯びた加圧気流によってゆっくりと上昇。
  • 落ちるたびに25ダメージを受ける。

調査キャンプ

  • 雪が舞い散るエリアに新登場した小規模ロケーション。エピセンターとスカイフックの間に新設。
  • 武器を確定で入手できる「武器ラック」が設置。

 

 

武器・弾薬の変化

新武器「センチネル」追加

apex センチネル

引用:エーペックスレジェンズ公式「アシミレーション

  • 新たなボルトアクションスナイパーライフル。
  • インベントリからシールドバッテリーを消費することで一時的に通電状態になる。通電中はシールドに大きなダメージを与える弾丸を発射。 

弾薬「スナイパーアモ」追加

  • スナイパーライフルにのみ適用される新しいクラスの弾薬が追加。
  • 以下の武器が対象。 
    • センチネル
    • ロングボウDMR
    • トリプルテイク
    • チャージライフル(1発につき1発の弾を使用に変更。マガジンサイズは4)

エネルギーアモ

  • ピックアップごとに20個ではなく30個の弾薬に変化。

削除されたアイテム

  • 「ターボチャージャー」ホップアップ。

ゴールドバックパック

  • 効果を使用している際や復活した際にプレイヤーへ伝えるUIが更新。

G7スカウト

  • 「スナイパー」から「アサルトライフル」クラスに移動。
  • ダブルタップホップアップは継続して装備可能。
  • 連射速度が減少:4.5>4.0。
  • ダブルタップのショット間の時間が増加:0.425>0.475

L-STAR

  • クレート武器ではなく、通常武器に変化。
  • エネルギーアモを使用。
  • リロードが削除。持続的な発砲後にオーバーヒートする仕様。
  • ショットあたりのダメージが減少:19>18
  • 発射速度が減少:12>10

ディヴォーション

  • 通常の戦利品プールから削除され、クレート武器へと変化。
  • マガジンサイズ:54
  • 総弾薬数:162

ハボック

  • ターボチャージャーが削除されたため、セレクトファイアのみ装備可能。
  • セレクトファイアを使用した場合のショット間の時間の短縮:77>56

R-99

  • ショットあたりのダメージの減少:12>11
  • 最初の3層のマガジンサイズが増加。
    • ベース:18>20
    • 共通:20>22
    • レア:23>24
    • エピック:27>27

プラウラー

  • ショットあたりのダメージ増加14>15

ヘムロック

  • 単発射撃率の増加5.6>6.4

ウイングマン

  • マガジンサイズ変更:
    • ベース:4>5
    • 共通:6>6
    • レア:8>7
    • エピック:10>8

EVA-8

  • ダブルタップホップアップによるバースト間の遅延削減:0.85>0.80

ゴールド武器の更新

  • 新しいゴールド武器セットが追加。
    • ハボック
    • P2020
    • センチネル
    • プラウラー
    • R-301

 

 

レジェンドの変化

ブラッドハウンド

  • ハンティングビースト中に敵をダウンさせると、持続時間が5秒増加。

クリプト

  • EMPでジブラルタルのドームシールドを破壊しないよう変更。

 

 

ランクマッチ・シリーズ3

スプリット制度

apex ランクスプリット

引用:エーペックスレジェンズ公式「ランクシーズン3」

  • 1つのシリーズを3ヶ月間とし、その期間が2つのスプリットに分割。各スプリットでソフトリセットが実施。
  • マップ:スプリット1がWorld’s Edge、スプリット2がKing’s Canyon。
  • シリーズ期間中のいずれかのスプリットで到達した最上位ティアによってランクシリーズの報酬が決定。
  • アニメーション機能付きの限定バッジは、両方のスプリットで同じティアに到達した場合にのみ獲得。

マスターティア追加

Apex マスター

引用:エーペックスレジェンズ公式「ランクシーズン3」

  • ダイヤモンドとApexプレデターの中間にマスターティアが新設。
  • マスターティアに到達するには、以前のApexプレデターと同じ10,000RPが必要。
  • Apexプレデターは、対象機種ごとに上位500のプレイヤーのみに限定。

ペナルティと敗北免除

  • 敗北免除は1日1回まで退出にのみ適用。
  • ランクシリーズ期間中にこの1日1回の上限を3回超えてしまうと、該当シリーズの残りの期間は免除対象外になる。
  • 上限に達したプレイヤーはマッチを放棄した際に、その理由を問わずRPの喪失免除を受けられない。

報酬

  • シリーズで到達した一番上のティアに基づいてバッジ、ガンチャーム、ダイブ軌道を獲得可能。
  • 獲得したダイブ軌道は次のシーズンでのみ使用可能となり、シーズン終了後は使用不可。但し、そのシーズンでもう一度同じランクに到達すれば削除されない。
  • シリーズ1または2でダイブ軌道を獲得したプレイヤーは、該当のダイブ軌道を今後も保持。

 

 

まとめ

  • 新レジェンド「レヴナント」追加。
  • マップが大幅変化。激戦区だった燃料庫がプラネットハーベスターへ。
  • 新武器「センチネル」追加。シールドバッテリーを消費して威力が上昇するボルトアクションスナイパーライフル。
  • 弾薬「スナイパーアモ」追加。
  • G7スカウトがアサルトライフルに変更。
  • L-STARが通常武器に変更。
  • ディヴォーションがクレート武器に変更。
  • ランクマッチにマスターティアが追加。APEXプレデターになれるのは上位500人のみ。

感想

 ついに新シーズンが開始されました。早速プレイしてみたところ、新しい発見や体験が盛り沢山で楽しめる一方、武器選択が非常に難しくなっていることに気づきました。新武器センチネル・新弾薬スナイパーアモの追加は良いのですが、弾薬携行数が1枠20発と少なく、バックパックを圧迫してしまうのがネックです。G7スカウトは下方修正されたものの強力なまま且つアサルトライフルカテゴリーに移行したこともあり、シーズン3で主流だった「R99+G7」のライトアモ構成or「フラットライン+G7」構成が、現在のPS4環境では未だにベストではないかと感じました。

 新レジェンドのレヴナントはアルティメットアビリティ「デストーテム」の使い方次第で化けるレジェンドという印象を受けました。戦闘になる前に単純に使用するだけでなく、リスク無しで高所を捨てて攻撃したり、情報収集や攪乱目的で敵の籠る建物に突撃したりと応用が利きます。しかし、レイスやパスファインダーのように気軽に使用できる汎用性の高い能力ではないため、今後研究が進むことに期待です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Iori

対人戦のゲームが大好きなゲーマーです。 主にFPS・TPSゲームとDCGをプレイしています。 1人のプレイヤーとしての視点を交えた記事を書いていきますので、よろしくお願いします。

Copyright © eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト, 2018~2020 All Rights Reserved.