ゲーム フォートナイト

【フォートナイト】中級者必見、BOXバトルでの「透けテクニック」

フォートナイト2020021804

 「フォートナイト」チャプター2になってからは、BOXバトルになることが多くなりました。BOXバトル場合は技のレパートリーも重要で、技が単調だと敵に読まれて反撃されてしまう可能性が高まります。そこで今回は、一味違った「透けテクニック」を3つ紹介していきます。

 

階段透け

こちらは透けテクニックの鉄板ともいえるテクニックです。

やり方

 壁に背中を付けてから、階段を置くと階段に透けることができます。敵視点だと階段があるのに、突然弾が飛んできたように感じます。撃ったら直ぐにジャンプして階段の上に逃げましょう。

 注意点としては、透けている間は透けている階段パーツが黄色く光るため、どこにいるのかバレて撃たれてしまいます。撃ったら直ぐにジャンプするのがコツです。

    階段202001140301

 

屋根透け

こちらのテクニックは使っている人が少なく、敵の不意を衝くことができます。

やり方

 やり方は階段透けの時と同じですが、一度編集を挟みます。壁に背中を付けてから屋根の手前部分を持ち上げて、足は地面に付けたまま背中が壁に当たる状態にします。その後は奥側を持ち上げることで透けることができます。ここで階段のような形にしても良いのですが、奥側1つだけを持ち上げるとより敵から見えにくい形になります。

 注意点は階段透けよりも少しだけ複雑なため、スムーズに行わないと敵に撃たれてしまいます。クリエイティブで練習してから実戦で使いましょう。

屋根202001140302屋根202001140303

 

上からの屋根透け

 こちらは敵の上を取ったときに使える技です。初めて見る人も少なくないと思いますので、今のうちに習得して他のプレイヤーと差をつけましょう、

やり方

 やり方は簡単で、敵が何マスか下にいる状態で床を半分に編集、その床の真ん中に立ち屋根を置くだけで透けることができます。敵が真下にいる状況でこの技をやってしまうとバレてしまうので、最低でも2マス離れた状況で行いましょう。

屋根202001140304屋根202001140305

 

まとめ

 これらのテクニックと「近距離・中距離において被弾しない撃ち方テクニック」などを合わせて使うことで、敵のリズムを狂わすことができます。透けテクニックは同じ敵に何度も使うと読まれやすいため、多くても2回までにしておくことも大切です。

Copyright © eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト, 2018~2020 All Rights Reserved.