ゲーム フォートナイト

【フォートナイト】相手の上を取り返す「リテイク建築」基礎テクニック

フォートナイト202002190201

 フォートナイトをプレイしていて、敵の上を取り返す建築をしたいけど難しいと感じている方も少なくないかと思います。そこで今回は、比較的難易度が低いリテイク建築の基礎を紹介していきます。凡庸性の高い技となっているため、様々な場面で使用できます。

 

リテイク建築

一般的に敵の上を取り返すことは「Retake(リテイク)」と呼ばれます。

 

階段の上に乗る横跳び

敵が自分の1段上にいる際などに使える技です。敵が以下画像のように階段の上にいると想定して、左右のどちらからか切り込むようにジャンプをし、横跳びを行います。

 横跳び202002180406横跳び202002180401

横跳びをしたら直ぐに後ろに振り返り壁を建て、そのまま階段で登っていきます。

  階段202002180402壁202002180403

下記画像が下からの視点になります。この建築は、相手からすると急に同じ高さまで登られ、一気に上を取られるため反応が遅れてしまいます。

完成202002180405

横跳びをした瞬間だけは無防備になるので注意が必要です。慣れてきたら横跳びの瞬間に壁を張れるように練習しましょう。

 

ステップアップ 2連続横跳び

上記のリテイク建築ができるようになったら、次は複雑な建築に挑戦してみましょう。複雑で難易度は高めですが、2段・3段上の敵にも通用するようになります。

やり方は、先ほどと同じように階段の上に乗るように横跳びをします。次に、先ほどは後ろに振り返って壁を建てましたが、屋根を置いて屋根の左側からもう一度横跳びをします。横跳びをしてから後ろに振り返り、壁を建てて階段で登っていきます。2回連続で横跳びをするため難易度は高いですが、確実に敵の上を取り返せるでしょう。

  屋根2020021804072連続202002180408

下記画像が成功した例です。先ほどに比べ、格段に高さが取れているのがわかります。

202002180408

注意点としては、練習不足だと横跳びを失敗して敵に撃たれてしまいます。何度も練習して成功率を上げましょう。

 

まとめ

 今回紹介した技は、他の技と組み合わせることもできるリテイク建築の基礎となるので、習得することをおすすめします。敵の上を取り返せるようになると、積極的にキルができたり生存率が上がったりとビクトリーロイヤルに1歩近づけるようになるでしょう。

Copyright © eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト, 2018~2020 All Rights Reserved.