ゲーム フォートナイト

【フォートナイト】アリーナや大会で発生する「フォーカス」を解説

フォーカス2020030305

 「フォートナイト チャプター2」シーズン2も始まり、アリーナを始めた方もいらっしゃると思います。今回は、アリーナや大会で発生する「フォーカス」という現象を解説していきます。仕組みを理解すれば回避することもでき、更には自から引き起こすこともできるようになります。

 

フォーカスとは

 フォーカスとは、アリーナや大会の終盤で多くのプレイヤーが櫓を建てて安置の収縮を待つ際に、1人のプレイヤーを周りのプレイヤーが一斉に撃つことです。「ヘイトを貰っている、ヘイトを買っている、ヘイトが集まっている」とも表現できます。

 

フォーカスがなぜ発生するか

 撃ち合っている人や、不意を衝かれて撃たれている人が標的になります。攻められていたり、シールドが割れた際のエフェクトを見られるとフォーカスを受けることになります。

 

受けないようにするには

 フォーカスを受けないようにするには、自分以外のところにヘイトを集めることが重要です。木材で櫓を建てている人や位置関係で不利な場所にいる人を自分から撃ち、シールドを割るなどすると周りのプレイヤーがキルを取ろうと撃ち始めます。これでフォーカスの完成です。注意点としては、間違っても自分がダメージを受けないことです。敵を撃ってる最中に撃たれると自分にヘイトが向くことになります。

 

フォーカスを起こしやすい武器

ミニガン

ミニガンは連射速度が高く、壁を貫通してダメージを入れられ、且つ音やエフェクトが派手なので周りから見るとミニガンを撃たれているだけでヘイトを買っていると思われます。

C4

C4を2つ以上付けてから爆発すると2つ目以降のC4が貫通してダメージが入ります。櫓相手だとダメージを入れやすく、音やエフェクトが派手ということもありフォーカスを向けやすくなります。

その他

その他にも、しつこくアサルトライフルやサブマシンガンを撃っていると周りのプレイヤーが便乗して撃ってくれる可能性があります。

 

フォーカスで倒した敵の物資

 フォーカスを受けていた敵が倒された際、物資が落ちます。フォーカスされていた敵の物資はみんなが狙っています、そのため、取りに行くとそのプレイヤーが次のフォーカスの標的になりやすいです。1番安全な取り方は、ハープーンガンや釣り竿で釣る方法です。物資から自分が一番近い場合は、鉄で物資の場所まで建築をしながら移動し、囲ってから取りましょう。倒された敵の資材があるため、資材をある程度使っても問題ありません。

 

フォーカスされてしまった場合の対処法

 自分がヘイトを買ってフォーカスされた場合は、必ず「鉄」で建築をし、移動を続けましょう。鉄は完成すると壊れにくく、周りの人も撃つ気がなくなります。それでも同じ場所でずっと耐えていると壊されてしまうため、建築しながら移動することが大切です。

 

まとめ

 自分が「フォーカス」されてしまうと厄介ですが、自分以外の敵にフォーカスを向けられるようになれば強力なテクニックにもなるため、マスターできるように仕組みを理解しましょう。

Copyright © eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト, 2018~2020 All Rights Reserved.