ゲーム フォートナイト

【フォートナイト】使い方が肝心なジャンプパッドテクニックを紹介

フォートナイト202003050401

 「フォートナイト チャプター2」シーズン2から復活した「ジャンプパッド」、上手く活用できていますでしょうか。ジャンプパッドは使い方を間違えると、飛んでいる際に格好の的になってしまいます。そこで今回はジャンプパッドのテクニックと使用すべき場面を紹介します。

 

低空ジャンプパッド

 以下画像のようにジャンプパッドの上に建築をします。こうすることで頭をぶつけてしまうため、低空で飛ぶことが可能になります。低空で飛ぶことにより、飛行中に撃ち落される心配が少なくなります。大会やアリーナなどで多用されるテクニックとなるため、覚えておきましょう。

低空202003050601

 

落下ダメージ無効ジャンプパッド

 以下画像のように、低空ジャンプパッドの階段の先に床を設置することで、落下ダメージを無効にして飛ぶことができます。上から早く降りたい場合などに使用します。このテクニックはグライダーが開かないため素早く落下することができますが、遠くに飛ぶことはできないので注意が必要です。

落下ダメ無効202003050602

 

使用するタイミング

 フォートナイト チャプター2シーズン2で唯一の移動アイテムとなるため、使いどころが肝心です。基本的に第5安置までは温存しておきましょう。また敵から大ダメージを受けた際に使用すると、敵のエイムが良い場合は撃ち落されたり、敵もジャンプパッドに乗って追いかけてくる可能性があります。敵が多く、撃ち落される危険がある際には「低空ジャンプパッド」を使用し、高い場所から素早く下に降りたい場合は「落下ダメージ無効ジャンプパッド」をと上手に使い分けましょう。

 

まとめ

 これらのテクニックは、建築の形さえ知っていれば練習は必要ないため、大会やアリーナの終盤でジャンプパッドを持っている場合は使ってみて下さい。使い方次第で結果に大きな違いが出る可能性があるため、上手に活用しましょう。

Copyright © eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト, 2018~2020 All Rights Reserved.