Call of Duty ゲーム

【CoD:WZ】初心者による初心者のための設定解説「ロードアウト」編

CoD:WZ202003310401

 皆さんこんにちは、yoskです。今回は「Call of Duty:Warzone」における「ロードアウト」について紹介していきます。ロードアウトの設定画面を表示したものの、何を設定するかわからなかったため、今回は同じような方へ向けて説明していきます。

 

ロードアウトとは

ロードアウトとは、武器や装備などをカスタマイズする総称です。ロードアウトは10種類あり、その中から好みに合わせて選択できます。ロードアウトは「メイン武器」「サブ武器」「PARK」「リーサル」「タクティカル」の設定ができます。この設定が勝敗を左右すると言っても過言ではありません。

 

設定方法

ゲーム内映像

待機画面上に「武器」という項目があり、そちらを選択するとロードアウト設定画面が表示されます。右側にロードアウト欄が表示されており、それぞれを選択すると編集画面に切り替わります。ここからそれぞれの項目ごとに編集が可能です。ここに表示されている5項目についての解説していきます。

ロードアウトの使い方

ロードアウトは「BATTLE ROYALE」「PLUNDER」で使用方法が異なります。

  • BATTLE ROYALE

BATTLE ROYALEでは「購入ステーション」でロードアウトを購入することで、自身が編集した内容のものを装備できます。設定していても、初めからそれらを装備しているわけではありません。

  • PLUNDER

こちらは設定したロードアウトに準じて武器を装備しています。道中落ちている武器に変更もできますが、初期段階から自分に合ったものを装備できるため、戦闘を優位に進められます。反面、敵も装備が万端になっているので、注意が必要です。

 

ロードアウトを編集する

実際に上から順番に編成していきます。項目毎に序盤から使用できる武器やスキルのおすすめも紹介していきますので、参考にしてください。

メイン武器

文字通り、メインで使用する武器です。ロードアウト毎に下記の武器を設定できます。

  • アサルトライフル
  • サブマシンガン
  • ショットガン
  • ライトマシンガン
  • マークスマンライフル
  • スナイパーライフル

ロードアウト毎に上記のいずれかを設定できます。安定感がある「アサルトライフル」、接近戦向きの「サブマシンガン」を選択すると良いでしょう。

■おすすめ

  • アサルトライフル

ゲーム内映像

ほとんどのバトロワゲームで使える「M4A1」は威力・射程距離もさることながら、反動も少なく初心者にも使いやす武器です。レベル6から使用できますが、レベルが上がっても安定した強さを発揮するため、これを設定しておけば間違いないでしょう。

  • サブマシンガン

ゲーム内映像

威力・安定性の高いサブマシンガンです。連射速度が速く、接近戦での撃ち合いで高い威力を発揮します。FPS視点は敵の接近に気づきにくいため、打ち出す速さが重要となります。威力・連射速度共に申し分ないMP5はまさに打ってつけと言えるでしょう。また扱いやすさも魅力です。

  • ショットガン

ゲーム内映像

一撃の威力が高いショットガンは玄人向けと言えますが、建物内などの接近戦では高い攻撃力が猛威を振るいます。初心者には扱いにくいのでおすすめしづらく、私自身も使用頻度は少ないです。こちらは敢えてそのままで良いでしょう。

  • ライトマシンガン

ゲーム内映像

装填数の多いライトマシンガンですが、威力が高いPKMはとにかく撃ちまくれば、エイム力に自信がない方でも敵を倒せる可能性があります。その一方、反動が大きく移動速度も低下するデメリットもあるため、使用するにはある程度経験が必要になるでしょう。

  • マークスマンライフル

ゲーム内映像

EVR-14はスナイパーでありながら、連射性能もあるライフル銃です。中遠距離で活躍しますが、慣れない方には少々扱いが難しいかもしれません。慣れるまで使うことは少ないかもしれないので、初期から使えるこちらを設定しておきましょう。

  • スナイパーライフル

ゲーム内映像

スナイパーライフルで重要なのは射程距離です。スナイパーはエイムが非常に難しいですが、当たった時の爽快感は他では味わえません。長い射程距離に加え、威力も高いHDRは選んで損はありません。

 

サブ武器

こちらも文字通り、補助的な武器となっています。サブ武器はこちらが設定できます。

  • ハンドガン
  • ランチャー
  • 接近武器

メイン武器に比べると使うことは少ないため、この中ではどれでも良いと言うのが正直なところです。とはいえ、メイン武器の弾薬節約にハンドガンを使ったり、ヘリを撃ち落とす際にランチャーを使用したりと決して侮れません。

■おすすめ

  • ハンドガン

ゲーム内映像

1911は初期ハンドガンとしては割と使い勝手が良い方だと思います。若干ではありますが、射程距離が長めなのも魅力でしょう。

  • ランチャー

ゲーム内映像

説明文にもあるように、対空ミサイルです。ヘリを撃ち落としたり、位置を予測して広範囲を攻撃するのに使用します。ある程度ゲームを理解していないと扱うのは難しいかもしれませんが、当たれば敵チームを一網打尽に出来ます。

実際は、上記に挙げたサブ武器を使うことはほとんどありません。その理由は、この後紹介する「PARK」内の設定で、メイン武器をサブ武器として使用できるためです。ランチャーはともかく、ハンドガンは玄人向けや遊び半分での使用と言えるでしょう。

 

PARK

PARKとは、プレイヤーが持つ特殊能力のようなものです。上記でお話したメイン武器の二刀流もこちらの設定で行えます。

ゲーム内映像

PARK1では初期段階で「ダブルタイム」「E.O.D」が装着できます。

  • ダブルタイム:タクティカルダッシュの持続時間が3倍になる。しゃがんだ際の移動速度が30%上昇

タクティカルダッシュとは、自動で走ることを指します。その持続時間の増加としゃがみ時の移動速度を上昇させられます。しゃがんだ際の移動速度上昇は立ち回りに役立ちますが、タクティカルダッシュは、敵と遭遇した際に攻撃に移るまでの動作に時間が掛かってしまい、おすすめできません。一長一短のPARKスキルとなります。

  • E.O.D:キルストリークではない爆発や炎によるダメージを軽減

爆発物でのダメージ量を軽減できます。上級者は投げ物も巧みに使い立ち回るため、そのダメージを軽減できるのは有効的でしょう。初心者だけでなく、上級者にもおすすめの設定です。

ゲーム内映像

PARK2は「リストック」「ハードライン」が装着できます。

  • リストラック:装備を50秒でリチャージ可能

リーサル・タクティカルの装備品が時間経過後に補充されます。無くなった場合は拾って補充する必要がありますが、これをセットしておけば自動で補充されます。リーサル・タクティカルの操作に慣れれば、有効なPARKとなります。

 

  • ハードライン:キルストリーク・フィールドアップグレード・アーマープレート・乗り物が販売価格から25%オフ

購入ステーションで販売しているものの価格が25%オフで購入できます。必須級アイテムの「アーマープレート」は道中拾えますが、運要素もあるため購入するのが得策です。それを通常より安価で入手できるのは、戦闘においても優位に進められるでしょう。購入するためにキャッシュも集めておきましょう。

ゲーム内映像

PARK3では「チェーンアップ」「アンプ」が装着できます。

  • チェーンアップ...蘇生時間を25%短縮

味方を蘇生する際に時間が短縮されます。蘇生時間は敵に隙を与える時間ですので、その時間を少しでも短縮できれば、詰めてきた敵を返り討ちにできるかもしれません。チーム戦では蘇生も重要なため、その時間が短縮できるのは助かります。

  • アンプ...武器交換とランチャーリロードの速度を上昇

リロードはどのバトロワゲームでも重要な要素で、この時間が短ければ、万が一弾切れを起こしても直ぐに戦闘へ切り替えられます。特にスナイパーライフルでの撃ち合いでは、リロード時間中に移動され敵を見失う可能性もあります。その点を少しでも解消できるアンプはおすすめです。

レベル8から装着できる「オーバーキル」メイン武器の二刀流や、倒した敵から弾薬を補給できる「スカベンジャー」はレベル18からなど、自身のランクが上がることで装着できるPARKも増えます。毎日プレイしていればレベルは上がるため、より有利に戦うためにもレベル上げは意識しましょう。

 

リーサル

リーサルは攻撃系の補助アイテムです。地雷・手榴弾などのアイテムがあります。

ゲーム内映像

  • クレイモア:敵が近づくと爆発する地雷
  • フラグ:爆発のタイミングが調整可能なグレネード
  • モロトフ(レベル7):着弾時に爆発する強化焼夷弾
  • C4(レベル25):対象の表面に張り付く大型爆薬

序盤から使用できるクレイモア・フラグを設定しておけば問題ありません。操作に慣れてくれば有効な武器として使用できますが、初心者の方は移動・射撃操作に追われてしまい、ここまで手が回らないかもしれません。これらを使いこなせるように練習モードで試すことをおすすめします。

 

タクティカル

タクティカルはサポート系の補助アイテムです。煙幕や閃光弾などのアイテムがあります。

ゲーム内映像

  • スタン:敵の動きとエイム速度を減速
  • フラッシュ:ターゲットの視覚と聴覚を奪う
  • スモーク(レベル14):視界を遮り自動照準システムを妨げる煙幕を展開
  • スナップショット(レベル20):範囲内にいる敵の情報を一定時間取得

こちらも序盤から使用できるスタンを設定しておくと良いでしょう。リーサル同様、使用できれば戦闘を優位に進められますが、初心者の方にはその余裕がないかもしれません。

 

まとめ

 ロードアウトは自身がより強い状態で戦うための設定です。編集は戦闘中でも行えますが、私自身それを行う余裕はありません。同じように初心者の方は操作慣れが優先なため、まずは1戦毎に見直し、自分に合う装備を見つけましょう。Warzoneから始めた方にはわからないことだらけだと思いますが、一つずつ説明もされていますので、そちらを見ながらロードアウトをいじり倒すのも楽しみの一つと言えるでしょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
yosk

yosk

30代3児の父親。普段はハンドルを握り全国各地を駆け回るドライバー。 暇な時は専らゲーム三昧。スマホゲーム(荒野行動、モンスト)が中心。 課金をすると歯止めが効かなくなる為、嫁に圧力を掛けられている。モットーは「課金はロマン」。口が裂けても嫁には言えない。

Copyright © eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト, 2018~2020 All Rights Reserved.