ゲーム フォートナイト

【フォートナイト】勝率を上げる、籠り側での戦闘のコツ

フォートナイト202004020201

 現在フォートナイトでは、3月25日(水)から4月30日(木)までの1ヶ月以上に渡り、毎日13時から大会が行われています。大会が多く開催されるようになったことや昨今の社会情勢により、初心者や中級者の方も大会へ出場したりアリーナで練習しているのではないでしょうか。そこで今回は、大会やアリーナで接敵時の勝率を上げる「守り側での戦闘のコツ」を紹介していきます。

 

まずは籠る

敵から先に撃たれてしまった場合、初心者にありがちなのはその場に立ち尽くしてしまうことです。壁だけを張り、その場に立ち尽くしてしまうと詰められて負けてしまいます。撃たれたらボックスを作って籠るようにしましょう。籠ることで精神的に落ち着くことができ、回復できる可能性もあります。

レンガか鉄を使う

籠る際は必ずレンガもしくは鉄を使いましょう。木材で建築をすると、サブマシンガンやアサルトライフルで撃たれた場合は貫通してダメージを受けてしまいます。余裕がある時は鉄で建築し、爆発物系からも防げるようにしましょう。

 

ボックスの中に屋根を置く

ボックスを作る際に大事なのは、自分の下に屋根を置くことです。屋根がないと敵が張替に来た時に、自分のボックスの中に階段を入れられてしまい身動きが動けなくなってしまいます。身動きが取れないまま張り替えられると、以前紹介したMongraal Classicをされてしまうので必ず屋根を置くようにしましょう。

 

ボックスは2つ以上作る

籠る時のボックスは2つ以上作りましょう。2つ以上作ることにより、敵はどちらのボックスにいるのか区別がつかなくなり、回復する時間を稼ぐことができます。敵が張り替えに来たら直ぐにもう1つのボックスに移動し、再び隣にボックスを作ることを繰り返しましょう。

ボックス202004020303

 

反撃

いつまでも籠っていると敵はどんどん攻めてくるので、反撃しましょう。

反撃のタイミング

敵がツルハシで張替に来る場合

敵がツルハシで張り替えて来た場合は、ツルハシを振るタイミングを狙って、壁を編集して開けて撃ちましょう。そうすることで、敵はツルハシを持っているため何もできません。そして、撃ったら直ぐに壁を閉じましょう。こちらのコツは、敵のツルハシを取り出すのをよく見て素早く開けることです。

敵が武器で張替に来る場合

敵がサブマシンガンやアサルトライフルで張り替えに来る場合は、リロードのタイミングで反撃に出ましょう。また、敵が銃を撃ってるタイミングで開けることは絶対に止めましょう。大量にダメージを受ける可能性が高まります。

反撃の方法

反撃の方法は、被弾しない撃ち方テクニックを使い敵にダメージを与えましょう。1発当てるだけでも敵は怯むでしょう。

普通に開ける場合

普通に開ける場合は、先ほど述べた反撃のタイミングを見計らって開けましょう。

張り替えられる前提での反撃

こちらは張り替えられる前提で、壁が壊された瞬間に撃つテクニックです。タイミングは難しいですが、張り替え中の敵は激しく動かないので当てやすくなります。

張替202004020304

 

練習方法

籠っている際の練習は、ボックスバトルが1番効率的です。また、以前紹介したオープンファイトでは実践に近い守りの練習ができるためおすすめです。

 

まとめ

 いかがだったでしょうか。籠っている際はできることが限られるように見えて、そんなことはありません。籠っている側の方が反撃のタイミングも自由なため、リラックスして冷静に戦うことが肝心です。今回紹介したコツを意識理すれば、アリーナや大会での勝率が上がることでしょう。

Copyright © eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト, 2018~2020 All Rights Reserved.