ゲーム フォートナイト

【フォートナイト】櫓の中から安全に索敵するテクニックを紹介

フォートナイト2020042402

 フォートナイトをプレイしていて、櫓に籠っている状況で周りを見ていたら、敵から撃たれてしまった経験があるかと思います。今回は、プロも使う櫓の中から安全に索敵するテクニックを紹介していきます。こちらの技を習得しておくことで、安置待ちをしている際に敵にダメージを与えやすくなります。

 

櫓の中から安全に索敵するテクニック

屋根から見る

 こちらは鉄板となっている屋根から索敵するテクニックになります。方法としては、櫓の中で階段や屋根を置き、屋根に触れるようになったら屋根を編集モードにするだけです。編集モードにすることで屋根は透けて見えるため、周りを見れるようになります。また、敵からはほぼ見えないので、レンガもしくは鉄で建築すること一方的に索敵することができます。

    屋根202004220301

屋根から広範囲を見る方テクニック

 上記のテクニックだと、1方向の狭い範囲しか見ることはできませんが、下記方法であれば全方位を見れます。足場の屋根を以下画像の様に編集し、その上に乗るだけです。この編集の方法であれば足場を高くすることができるため、視界が多く確保できます。

編集202004220303屋根202004220302

屋根に籠る方テクニック

 足場を通常の屋根にし、真ん中の頂点に立ちます。その状態でまっすぐ上に飛んで足元に床を設置することで屋根の中に入ることが出来ます。こちらも全方位見ることができ、また壁を撃たれても屋根の中にいるので敵はいないものだと勘違いします。近づいてきたところで、屋根から飛び出して奇襲をかけることもできます。

屋根202004220306

 

壁を透かして見るテクニック

 大会などでも多く見かけるテクニックです。方法はどんな形でも良いので、壁を編集し(窓などの小さな編集の方が安全です)、直ぐに編集を戻します。そうすることで、壁が形成されるタイミングに壁が透けるので周りを見ることができます。こちらのテクニックは、透かしたタイミングは壁の耐久値が一気に下がるため注意が必要です。壁を透かす際は1枚ずつ透かすようにしましょう。

壁202004220304壁202004220305

 

まとめ

 いかがでしたでしょうか。安置を待っている際などに多用するテクニックになるため必ず習得し、実践で活かしていきましょう。また、自分が上にいる時は屋根から索敵し、敵が自分の上にいるときは壁から見るなど、臨機応変に索敵方法を変えることが大切です。

Copyright © eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト, 2018~2020 All Rights Reserved.