ゲーム フォートナイト

【フォートナイト】今更聞けない、「THWIFO CONE」

THWIFO CONE2020042404

 フォートナイトには、敵の上を取り返す際に使う「リテイク建築」というテクニックがあります。その中でも基礎中の基礎と言われる、海外の有名選手「thwifo」選手が約1年前に考案した「THWIFO CONE」というリテイク建築があり、1年経った今でも強力な技として知られています。現在は、更に簡単なテクニックとなっているので必ず覚えるようにしましょう。

 

THWIFO CONE

 考案者のthwifo選手の名前と、建築パーツである屋根(CONE)をとって「THWIFO CONE(トゥワイフォ コーン)」と呼ばれています。

THWIFO CONEの基本

 THWIFO CONEは敵が上にいる際に使うテクニックとなっており、上る際に敵が追いかけて来れないようにする強力な技です。やり方としては、2重階段の最中などに素早く真後ろを向いて「壁」を建築、続けてその上に屋根を付け、再び正面を向いて二重階段を続けます。このテクニックは、通常の二重階段より1段高く敵を妨害でき、さらに屋根を置くことで敵に階段を置かせない強力なテクニックとなっています。コツは、壁と屋根を建築する際に流れるように繋げて建築することです。また、壁と屋根を置く時は視点をなるべく上に向けると良いでしょう。

テクニック202004230405 テクニック202004230406

サイドをカバーするTHWIFO CONE

 上記の通常のTHWIFO CONEでも協力ですが、敵が角度をつけて横から見てきた際はショットガンで撃たれてしまう可能性があります。そのような場合は、”サイドをカバーできる”THWIFO CONEを使いましょう。やり方は、先ほどのTHWIFO CONEを行う際に視点を大きく振り、敵がいる方向に壁を建築します。注意点としては、どちらもカバーしているとTHWIFO CONEの持ち味であるスピードがなくなってしまうため、足音が聞こえる方向だけに壁を作りましょう。

テクニック202004230402 テクニック202004230401

完成した建築は以下の画像の通りです。かなり堅固な建築になっているのがわかると思います。

THWIFO CONEの派生は様々

 THWIFO CONEは様々な建築へ繋げやすいことでも有名です。おすすめは、上記に記載した"サイドをカバーする"THWIFO CONEを行った後に、そのまま走っている方向に屋根を置いてしまう建築です。この建築は、流れるように建築できるので容易にでき、敵に先読みされて撃たれる心配も少なくなります。この建築の後は、屋根を開けて進むこともできますし、横跳びして上がることもできます。工夫次第で様々な動きができるため、敵は予想しにくくなります。

 

まとめ

 簡単で派生が多いTHWIFO CONEは、リテイク建築を練習する際には最初に習得することをおすすめします。ノーマルのTHWIFO CONEでも十分強力なため、まずは簡単なノーマルタイプのものから練習しましょう。

Copyright © eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト, 2018~2020 All Rights Reserved.