ゲーム パワプロ

発売決定記念、プロ野球選手によるパワプロ最新作プレイ動画公開

eBASEBALLパワフルプロ野球202005210301

 5月21日(木)、株式会社コナミデジタルエンタテインメントは、「eBASEBALLパワフルプロ野球2020」の発売決定を記念し、東北楽天ゴールデンイーグルスと東京ヤクルトスワローズのプロ野球選手による最新作プレイ動画を公式サイトで公開した。また、今後も公式サイトにて各球団のプレー動画や最新情報を公開していく。

 

※以下、プレスリリース引用

 

 

東北楽天ゴールデンイーグルス【編】
『eBASEBALLパワフルプロ野球2020』選手プレー動画

 対戦は、則本昂大選手・田中和基選手のチームと松井裕樹選手・銀次選手チームに分かれて、2対2で実施!則本選手と松井選手は、昨年のプレー動画でも火花を散らし、松井選手が接戦を制しました。今年の対戦は投手戦になると思われましたが、一転して一方的な展開へ。それぞれのチームに助っ人として入った銀次選手と田中選手の実力差が勝敗を分けることに…。果たしてリベンジマッチの結果はいかに!?

 

東京ヤクルトスワローズ【編】
『eBASEBALLパワフルプロ野球2020』選手プレー動画

 対戦は、石川雅規選手VS近藤一樹選手・雄平選手・小川泰弘選手チームによる1対3でスタート!パワプロ歴が長い熟練者の石川選手が一方的な試合展開を見せると思いきや、3人のチームワークで互角の勝負を繰り広げる。延長まで続くシーソーゲームを制し、勝利の女神がほほ笑んだのはどちらのチームなのか!?試合後、石川選手は「1対3は孤独感があったけど、めちゃめちゃ盛り上がる」と感想を述べ、雄平選手は協力プレーについて、「本当の野球をやっているような感じ」と大絶賛!

eBASEBALLパワフルプロ野球202005210302

 

『eBASEBALLパワフルプロ野球2020』

 本作は、シリーズ史上最大級のボリューム!「パワフェス」・「LIVEシナリオ」・「栄冠ナイン」モードがNintendo Switch™で初めてプレー可能になった他、PlayStation®4では初めて「パワプロ」を最大4人まで協力プレーが可能となり、家族や友人とも楽しむことができます。

eBASEBALLパワフルプロ野球202005210303

 

早期購入特典(パッケージ、ダウンロード版共通)

・歴代オープニング曲ダウンロードコンテンツ
・ブラバン「蒼の彼方へ(eBASEBALLパワフルプロ野球2020主題歌)」ダウンロードコンテンツ※非売品
・「実況パワフルプロ野球 サクセススペシャル」で使用できるイベキャラ「稲穂 亜希(いなほ あき)」SR(※PS4版のみ)
・お役立ちセット(ダイジョーブ博士の成功手形/器材お楽しみ交換券/魔物ちゃん人形/大物ルーキー登場/みんなの評価)

 

「実況パワフルプロ野球」シリーズ

 実況パワフルプロ野球」シリーズは1994年に家庭用ゲームとして誕生して以来、25年以上にわたり楽しまれてきた、コナミデジタルエンタテインメントを代表する野球ゲームです。2014年には、選手育成モード「サクセス」を搭載したモバイルゲーム『実況パワフルプロ野球』の配信を開始しました。

 そのほか、2017年から愛媛国体の文化プログラムにて、「実況パワフルプロ野球」シリーズによるeスポーツ大会が行われた他、2018年には日本野球機構(NPB)との共催でプロ野球eスポーツリーグ「eBASEBALL プロリーグ」を開催。eスポーツの競技タイトルとしても注目を集めています。

<タイトル>
eBASEBALLパワフルプロ野球2020

<メーカー>
KONAMI

<発売日>
2020年7月9日(木)

<ジャンル>
野球・育成

<プレー人数>
Nintendo Switch:TVモード 1~4人、テーブルモード 1~4人、携帯モード 1人
※プレイヤー1人につき、Joy-Con1本が必要です
PS4®:1~4人(オンライン時1~2人)

<CEROレーティング>
A

<対応機種>
Nintendo Switch™
PlayStation®4

<著作権表記>
一般社団法人日本野球機構承認 ©2019 SAMURAI JAPAN 日本プロ野球名球会公認
日本プロ野球OBクラブ公認 プロ野球フランチャイズ球場公認 データ提供:共同通信デジタル
©Konami Digital Entertainment

<メーカー希望小売価格>
通常版(パッケージ・DL)Nintendo Switch:6,980円(税抜)/ PS4®:7,980円(税抜)
パワフルエディション(DL専売)Nintendo Switch:8,980円(税抜)/ PS4®:9,980円(税抜)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
eスポーツタイムズ編集部

eスポーツタイムズ編集部

多くの方々にeスポーツを身近に感じて頂けるような記事を提供するよう努めて参ります。

Copyright © eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト, 2018~2020 All Rights Reserved.