VALORANT ゲーム

【VALORANT】毒を操る「VIPER」の基本操作を紹介

VIPER2020052602

 6月2日(火)の正式リリースに備えて、VALORANTの情報など確認されていますでしょうか。今回は、毒を操り強力なアルティメットスキルを持つ「VIPER」の基本操作を紹介していきます。コントローラータイプのため、使いこなすことでチームを優位に立たせることができる強力なエージェントとなっています。

 

VIPER(ヴァイパー)

ヴァイパー202005260101

 「コントローラー」タイプのエージェント。毒を操り敵へのデバフや進路妨害で味方と自分かキルしやすい状況をつくり出します。敵への妨害アビリティを3つ持っており、使いこなすことで完全に試合を支配することができるでしょう。

 

所持アビリティ「トキシックスクリーン」

ヴァイパー202005260108ヴァイパー202005260107

VIPERの所持アビリティ「トキシックスクリーン」は、スキルキーを押すと構えることができ、左クリックを押すことで、ガスを発生させる小さなビーコンが向いてる方向一列に射出します。射出した後、もう一度スキルキーを押すことで毒ガスの壁をつくり出します。クールダウンが終わると再び同じ場所に壁を発生させることができます。

ヴァイパー202005260106  

射線を切る際に使うこともでき、敵の妨害をして行動範囲を制限することにも使えます。再利用が可能なため、設置場所をよく考えることで何度も敵の妨害ができます。

 

購入アビリティ「スネークバイト」

ヴァイパー202005260111ヴァイパー202005260110

毒のエリアをつくり出す「スネークバイト」は、武器購入画面にて100コインで購入可能です。スキルキーを押してスネークバイトをセットし、左クリックで射出して着弾点に毒のエリアをつくり出します。範囲に入るとダメージを受け、移動速度低下を受けます。

VIPERのスネークバイトは、アップデート0.50で効果範囲が350から450と大きくなり、現在は注目されているスキルの1つです。また、同じくアップデート0.50でダメージを受けない高度が80から120へ変更された為、バニーホップといったテクニックで無効化されることも無くなりました。

ヴァイパー202005260109

自分や味方が毒エリアに入った際にも、敵に与える3分の1のダメージを受けてしまうので注意が必要です。

 

購入アビリティ「ポイズンクラウド」

ヴァイパー202005260105ヴァイパー202005260104

ドーム状の毒エリア生成する「ポイズンクラウド」は、武器購入画面で200コインで購入可能です。スキルキーを押すことでビーコンを構え、左クリックで投げることができます。投げた後、もう1度スキルキーを押すことでビーコンを中心にドーム状の毒エリアを生成します。また、オンオフが切り替え可能なため、必要な時に発生させることができます。1度置いた―ビーコンは回収可能です。

 

アルティメットスキル「ヴァイパーズビット」

ヴァイパー202005260103ヴァイパー202005260102

広範囲に毒雲エリアをつくり出す「ヴァイパーズビット」のコストは、7ポイントなっています。スキルキーを押すことで中心となる位置を設定し、左クリックで広範囲の毒雲エリアを生成します。このエリアに敵が入ることで、敵は最大HPが低下します。また、視界が圧倒的に悪くなるので、近くに来るまで気づかない場合もあります。VIPER目線だと敵が赤くスポットされているので見つけやすくなっています。

このアルティメットスキルの強力な使い方としては、爆弾を設置後や解除に向かいたい場合に使用することです。特に爆弾設置の後などは、敵が複数人だったとしても非常に有効です。使いどころを間違えないようにしましょう。

 

毒ガスメーター

VIPERには特有のゲージがあり、画面下部の数字がガスメーターとなっています。「トキシックスクリーン」や「ポイズンクラウド」を使用することで消費され、「0」になるとスキルが使えなくなります。一定時間で回復しますが、「トキシックスクリーン」「ポイズンクラウド」を同時に使うと非常に早く消費されてしまうので注意が必要です。

ヴァイパー202005260112

 

まとめ

 いかがでしたでしょうか。VIPERは知識があればあるほど輝けるエージェントとなっているため、どこにポイズンクラウドを発生させるのか、どこの道をトキシックスクリーンで塞ぐと強いのかを研究しておきましょう。使いこなせるようになれば、敵の動きをコントロールしチームを勝利へと導けるようになるでしょう。

Copyright © eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト, 2018~2020 All Rights Reserved.