VALORANT ゲーム

【VALORANT】使い分けが重要「サイドアーム武器」を徹底解説

サイドアーム武器2020061602

 VALORANTを始めた方が最初に悩むのはエージェントですが、次に悩むのは「武器」かと思います。今回は、ファーストラウンドやエコラウンドで基本的に使う「サイドアーム武器」に関して、使い分けを意識しながら「特徴」「ダメージ」「集弾率」「距離減衰」「使いどころ」に分けて解説していきます。

 

サイドアーム武器(ハンドガン)

ハンドガン202006130101

 VALORANTのハンドガン枠はサイドアームと呼ばれ、武器購入画面の左側に位置しています。サイドアーム武器は、メイン武器と併せて持つことができますが、それぞれ1つしか持てません。それでは、それぞれのサイドアーム武器の特徴やシチュエーションを踏まえての武器選択を解説していきます。

クラシック

特徴

このハンドガンの特徴は、左クリックは1発ずつ発射されますが右クリックを押すと3発ずつ発射されます。近距離では右クリックを使用し、火力を倍増して戦いましょう。

ハンドガン202006130104

ダメージ

ハンドガン202006130103ハンドガン202006130102

「クラシック」は一番オーソドックスなハンドガンとなります。ヘッドショットダメージ「78」、ボディダメージ「26」と最初のラウンドでは頭と胴体1発ずつで倒せます。

集弾率

集弾率は非常に良く、間髪入れず連射しても真っ直ぐ飛びます。レティクルが落ち着くのを待ってから撃つことを意識すると更に集弾率が良くなります。走りながら撃ったり、ジャンプ撃ちは真っ直ぐ飛ばないので気をつけましょう。

ハンドガン202006130109

距離減衰

距離が離れた場合はダメージに距離減衰があるため、頭と胴体1発ずつで倒せなくなります。一定以上距離が離れると、ヘッドショットダメージ「66」、ボディダメージ「22」となります。

ハンドガン202006130106ハンドガン202006130105

使いどころ

購入せずとも最初から所持しているハンドガンのため、ファーストラウンド等ではクラシックを使ってライトアーマーを買うといった選択ができる武器です。

 

ショーティ

ダブルバレルショットガンとなるこちらの武器は、サイドアームの中で圧倒的な火力を誇ります。

特徴

ショーティの特徴は、近距離最高の火力を持つ一方、距離が離れると非常に弱くなります。また、ダブルバレルショットガンとなっているため2発連続で撃てますが、2発撃つとリロードが入ってしまいます。

200コインと非常に安価なためエコラウンドで活躍でき、ショーティは走りながらやジャンプしながらでもに真っ直ぐ飛ばせるので動きながら撃つことも問題ありません。

※エコラウンドとは、自分たちにお金が無く、敵にお金がある際に次のラウンドで武器を買うために節約するラウンド

ダメージ

基本的に近距離であれば1発、もしくは2発で倒せます。

ダブルバレル202006130108

集弾率

ショットガンらしい集弾率となっており、2発連続で撃っても集弾率は変わりません。

ダブルバレル202006130107

距離減衰

ショットガンのため距離減衰が非常に高く、10メートル離れるだけで全く倒せなくなってしまいます。

ダブルバレル202006130110

使いどころ

ショーティの使いどころは、自分たちにお金がなく節約したいエコラウンドの時に一か八かで使うことが多くなっています。ショーティで敵を倒せれば、敵の強い武器を入手できます。

 

フレンジー

特徴

「クラシック」が連射できるようになったような武器で、400コインで購入できます。連射性能が高いため、近距離で非常に活躍します。

ダメージ

ヘッドショットダメージ「78」ボディダメージ「26」となっています。

フレンジー202006130111フレンジー202006130112

集弾率

集弾率は非常に良いですが、走りながらだと真っ直ぐに飛ばないので、足を止めて撃つように心掛けましょう。また、中距離以降はダメ―ジも少なく、弾もバラけるため近距離で戦うことを意識しましょう。

フレンジー202006130113

使いどころ

400コインで購入できるため、ファーストラウンド時にライトシールドを組み合わせて購入できます。非常に強い組み合わせのため使ってみましょう。

 

ゴースト

特徴

威力も高く、扱いやすいサプレッサーハンドガンとなっています。500コインで購入でき、サイドアーム枠の中で現状最も使用されている武器と言えるでしょう。

ダメージ

非常にダメージが高く、ヘッドショットダメージ「105」、ボディダメージ「30」とファーストラウンドではヘッドショット1発で倒せる武器となっています。

ゴースト202006130116ゴースト202006130115 

集弾率

集弾率も非常によく、止まって撃てば真っ直ぐ飛びます。

ゴースト202006130114

以下のように歩きながら撃つとバラらけてしまう武器ですので、必ず止まって撃つようにしましょう。

ゴースト202006130117

距離減衰

ゴーストも一定距離離れるとダメージ減衰があります。ヘッドショットダメージ「87」、ボディダメージ「25」となります。中距離から遠距離で撃つ際の注意点として、焦って連射すると反動で当たらなくなってしまうので、落ち着いてレティクルが閉まるのを待ってから撃ちましょう。

ゴースト202006130119ゴースト202006130118

使いどころ

多くのプロ選手は、ファーストラウンドでゴーストとスキルを購入します。ゴーストは500コイン使用するためシールドが買えなくなってしまうのですが、ゴーストの強さを取る選手が多くいます。

 

シェリフ

特徴

VALORANTにおけるリボルバーの枠となります。使い勝手としてはCS:GOのデザートイーグルに近いです。1発のダメージが非常に大きく、基本的にヘッドショット1発で倒せます。ただ弾が少なく、連射力が低いためプレイヤーの腕前に左右される武器となっています。歩きながらやジャンプ撃ちでは全くまっすぐ飛ばないので、止まって撃つことが大切です。

ダメージ

ヘッドショットダメージ「159」、ボディダメージ「55」と高威力を誇っています。ヘッドショットさえ入れれば1発で倒せるのでロマンある武器です。

シェリフ202006130122シェリフ202006130121

集弾率

近距離においては連射しても集弾率が非常に良いため、近距離の敵には連射するようにしましょう。

シェリフ202006130120

ただ距離が離れると集弾率が悪くなり、連射で倒すのは困難となりますので1発ずつ狙って撃ちましょう。

シェリフ202006130124

距離減衰

1発が大きいシェリフですが、大きく離れてしまうとヘッドショットダメージは「145」となります。ファーストラウンドでは、十分1発で倒せるダメージにはなりますが、敵がフルアーマーの場合は倒せないので注意が必要です。

シェリフ202006130123

使いどころ

値段が800コインと高めに設定されているため、ファーストラウンドで購入するケースは少ないです。エコラウンドで購入されることが多く、ショーティで近距離一か八かを狙うか、シェリフで中遠距離ヘッドショットを狙うかで分かれます。

 

まとめ

 いかがでしたでしょうか。使いどころによって購入する武器を選ぶ必要性が理解できたかと思います。迷った際は、ファーストラウンド、エコラウンド共に「ゴースト」を買うのがおすすめです。非常に使いやすく、スキルを買うことも出来ます。状況を踏まえて好みのサイドアーム武器を選びましょう。

Copyright © eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト, 2018~2020 All Rights Reserved.