ゲーム ゲームニュース

FPSを向上させる、電源プランを究極のパフォーマンスにする方法

PC設定2020061804

 ゲームをプレイしていて、もっとFPSが出せないかと考えている方もいらっしゃるかと思います。そこで今回は、PC設定の電源プランを「究極のパフォーマンス」に設定する方法を紹介していきます。この設定は、どのゲームにおいてもパフォーマンスが向上するため、ぜひ試してみてください。

 

電源プラン

 PCの電源プランとは、消費電力とパフォーマンスのバランスを取っているものになります。初期設定では「バランス」という設定が選択されており、消費電力を抑えるためにPCのパフォーマンスを100%引き出していない状態になります。高いスペックのPCを購入したのに、性能の良さを感じないという方は電源プランが原因かもしれません。

電源プランの違い

 それぞれの電源プランの違いは以下の通りです。説明にもある通り、パフォーマンスを上げると消費電力が増えるため、PC電源のスペックが弱い方は注意が必要です。

電源プラン説明
バランス自動的に電力とパフォーマンスのバランスを取ります。
省電力電力消費を抑えますが、パフォーマンスが低下します。
高パフォーマンスパフォーマンスが向上しますが、消費電力が増える可能性があります。
究極のパフォーマンスパフォーマンスを最大限に引き出す設定、消費電力も非常に増える可能性があります。

 

究極のパフォーマンス 設定方法

 それでは、「究極のパフォーマンス」に設定する方法を紹介していきます。電源プランの変更は、「ゲーム内設定ではなく、デスクトップの設定でFPSを上げる方法を紹介」でも紹介しましたが、従来のやり方だと「高パフォーマンス」までしか選択できません。ここに「究極のパフォーマンス」設定を追加するには、「コマンドプロンプト」を使用する必要があります。また、こちらの設定は「デスクトップパソコン」のみに推奨します。ノートパソコンで設定すると、負荷に耐えれない可能性が高いためです。

コマンドプロンプトを起動

Windows左下の検索バーで「コマンドプロンプト」と入力すると出てきますので、右クリックし「管理者として実行」を選択してください。

設定202006170501

設定202006170502

起動出来たら以下のようなウィンドウが出てくると思います。

設定202006170503

こちらに「powercfg -duplicatescheme e9a42b02-d5df-448d-aa00-03f14749eb61」とコマンドを入力し、「Enter」を押します。

 設定202006170504

すると以下の文章が出てきて、電源プランの設定に「究極のパフォーマンス」設定が追加されます。ここまで出来たらコマンドプロンプロは閉じてしまって構いません。

設定202006170505

 

電源プランの変更

電源プランの変更は、まず左下の検索バーでコントロールパネルを開きます。

   設定202006170506

コントロールパネルを開けたら、「ハードウェアとサウンド」を選択。次に「電源オプション」をクリックすると電源オプションを開くことが出来ます。

設定202006170508設定202006170507

追加プランの表示をクリックすると、先ほど追加した「究極のパフォーマンス」があると思いますので、選択して終了となります。これでPCが最大限にパフォーマンスを引き出される設定となりました。

設定202006170509

 

より電源パフォーマンスを向上させる設定

 電源プランを「究極のパフォーマンス」に設定するだけでもパフォーマンスはとても向上しますが、それとは別に「NVIDIA コントロールパネル」でも設定を行うことで、完璧に電源プランをパフォーマンス寄りにすることが可能です。NVIDIAの設定は、NVIDIA GeForceシリーズのグラフィックボードでなければ使用できないので注意してください。

NVIDIAでの設定方法

最初にデスクトップ画面で右クリックをし、NVIDIA コントロールパネルを選択し起動します。

設定202006170511

「3D設定の管理」の1番下の項目に、「電源管理モード」があるのでそこの設定を「パフォーマンス最大化を優先」にすることでパフォーマンスが向上します。設定出来たら閉じて完了となります。

設定202006170510

 

まとめ

 PCの電源プランの変更とNVIDIAの電源管理モードを両方変更することで、PCのパフォーマンスが非常に向上することでしょう。また、その他にもFPSを向上させる方法がありますので、「ゲーム内設定ではなく、デスクトップの設定でFPSを上げる方法を紹介」を併せて読むことおすすめします。

Copyright © eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト, 2018~2020 All Rights Reserved.