VALORANT ゲーム

初心者必見、「VALORANT」の基本知識を解説

VALORANT2020062201

 VALORANTは、基本となる知識がないとどれだけエイムが上手な人でも敵を倒すのが難しいゲームです。そこで今回は、これからVALORANTを始めようとしている初心者向けに、基本となる知識をわかりやすく解説していきます。基礎知識を覚えることで、倒されにくく敵を倒せるようになるでしょう。

 

ストッピング

 これはCS:GOなどでも基本となる技術で、銃を撃つ際に足を止める動作のことを指します。VALORANTでは、動きながら銃を撃つと全く真っ直ぐ飛びません。そのため足を止めて撃つ必要があります。動きながら撃つと以下画像のようにランダムにバラけてしまいます。

 VALORANT202006190201

ストッピングのやり方

VALOARNTのストッピングは易しく、移動キーを離して足を止めるだけでも十分ストッピングになります。さらに正確なストッピングを求める人は、移動しているキーの反対のキーを止まる瞬間に入力することです。右移動していて敵が出てきたら、左キーを入力して足を止めます。前進しているときは後ろキーを入力します。そのため、斜め移動をしている際などはストッピングが難しくなります。

 

リコイルコントロール

 VALORANTのリコイルは非常に大きく、上がった後に左右にランダムにばらけます。また、長く撃つにつれレティクルの場所とは異なった場所に弾が飛んでいくのがVALORANTのリコイルの特徴です。そのため視点を下に持っていき、リコイルを抑える必要あります。その技術を「リコイルコントロール」と呼びます。

VALORANT202006190203

小さな「ノ」の字を書くようにリコイルコントロールをするのがおすすめです。

VALORANT202006190202

 

武器の基本的な撃ち方

タップ撃ち

リコイルが閉まってから1発ずつ放つ撃ち方を「タップ撃ち」と呼びます。タップ撃ちは非常に制度が良いので、中距離から遠距離でしっかり頭を狙って撃つのが肝心です。

バースト撃ち

2発ずつ撃ち、撃ったら場所を変えてストッピングし、また2発撃つといった撃ち方を「バースト撃ち」と呼びます。敵が当てにくいように動きつつ、こちらの弾の制度を保ちながら撃てる撃ち方になります。

スプレー撃ち

前述したリコイルコントロールを使い、フルバーストで撃つ撃ち方です。近距離から中距離で使える撃ち方になります。

ADSして撃つ

VALORANTのマシンガンは覗き込み、つまりADSをして撃つことが出来ます。ADSをすることでアサルトライフル系統の武器は、制度が非常に良くなる代わりに連射速度が遅くなる特徴を持っています。敵を待つときはADSしても良いですが、撃ち合いになってからはADSをすると火力で負けてしますので気をつけましょう。

VALORANT202006190206

「アレス」「オーディン」などのLMG、ヘヴィと呼ばれる銃器は覗き込みうちが基本となります。覗き込むことで精度や連射速度も上昇します。逆に覗き込まないと真っ直ぐ飛ばず、連射速度も遅くなってしまします。そのため出会い頭の戦闘を不得意としますが、敵が出てくる場所を予測して覗き込んでおけばほとんど負けないほどの火力を誇ります。

VALORANT202006190205

 

早く走る方法

 VALORANTでは、銃を持って走るよりナイフを持った方が速く走れます。ただナイフを持っている際は無防備になってしまいますので、敵がいると予測できる場所では銃を持つようにしましょう。

VALORANT202006190204

 

足音を消す方法

 VALORANTでは、「足音」が非常に大切です。また、走っている際の足音は非常に広範囲に聞こえるためすぐ敵に気づかれてしまいます。初期設定では「Shift」で「歩く」ことが出来ます。歩いているときは足音を消すことが出来るので敵に足音が聞こえる範囲では必ず歩くようにしましょう。歩き移動が基本となります。

 

まとめ

 いかがでしたでしょうか。以上のことを覚えておけば、倒されにくく敵を倒せるようになるでしょう。特に武器の撃ち方とリコイルコントールをしっかりと学ぶことで撃ち合いで有利を取れるようになります。まずは射撃場で練習することをおすすめします。

Copyright © eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト, 2018~2020 All Rights Reserved.