ゲーム ゲームニュース

2020年上半期国内家庭用ゲームソフト・ハード売上、1748.1億円

上半期ゲーム売上202007100103

 ファミ通は、2020年上半期(2019年12月30日~2020年6月28日)の国内家庭用ゲームソフトとハードの売上速報を発表。「あつまれ どうぶつの森」の発売もあり、ハードが793.4億円(前年比120%)、ソフトが954.7億円(前年比129%)、ハード・ソフト合計で1748.1億円(同124.8%)となった。

※以下、プレスリリース引用

 

上半期ゲーム売上202007100101

ファミ通調べ

上半期ゲーム売上202007100102

ファミ通調べ

 

2020年上半期の国内家庭用ゲーム市場について

 2020年上半期の国内家庭用ゲーム市場規模は、ハードが793.4億円(昨年対比120.0%)、ソフトが954.7億円(同129.0%)、ハード・ソフト合計で1748.1億円(同124.8%)となりました。「あつまれ どうぶつの森」の発売でNintendo Switchが好調に推移し、上半期としては2012年以降で最大の市場規模となりました。なお、両市場とも前年比プラスとなるのは、2006年上半期以来14年ぶりとなります。

 上半期ソフトランキング1位は、「あつまれ どうぶつの森」(任天堂/2020年3月20日発売/Switch)で、500.5万本を販売しました。Nintendo Switch向けタイトル歴代最高の販売本数を更新し、10年ぶりにパッケージ版単独で累計500万本を達成しています。また、ファン待望の「ファイナルファンタジーⅦ リメイク」(スクウェア・エニックス/2020年4月10日発売/PS4)は93.1万本を記録し、2位にランクインしました。

 発売から4年を迎えたNintendo Switchですが、新型コロナウイルス感染症の影響で生産が遅延したことから、2月以降は需要が供給を上回る状態が続いています。しかしながら、「あつまれ どうぶつの森」の登場や、巣ごもり需要の拡大、昨年9月に発売されたNintendo Switch Liteの貢献により、2機種合計で前年同時期の約1.8倍となる266.7万台を販売。累計販売台数は、6月期に1400万台を突破しました。

 2020年下半期には、年末商戦に最新ハードのプレイステーション5とXbox Series Xが発売予定で、2020年後半のゲーム市場の新たな盛り上がりが期待されます。

<ファミ通調べ>

(注)ソフトの売上本数については、集計期間中に販売されたすべてのタイトルを対象としています。2種類以上のバージョンや周辺機器・本体等との同梱版が発売されているソフトのデータは、すべての種類を合計した数字となります。(発売日は前に発売されたものを表示しています)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
eスポーツタイムズ編集部

eスポーツタイムズ編集部

多くの方々にeスポーツを身近に感じて頂けるような記事を提供するよう努めて参ります。

Copyright © eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト, 2018~2020 All Rights Reserved.