ゲーム レインボーシックス

シージの次世代機への対応および「SHADOW LEGACY」配信開始を発表

R6S2020091102

 ユービーアイソフト株式会社は、9月11日(金)に実施された配信イベント「Ubisoft Forward」にて、「レインボーシックス シージ」が次世代機となるPlayStation®5、Xbox Series X|Sにも登場し、レンダースケーリングにより4K、120FPSに対応することを公開。次世代機への対応は、2020年末を予定している。また同時に、YEAR5シーズン 3オペレーション「SHADOW LEGACY」が、PlayStation4、Xbox One、PC向けに配信を開始したことをした。

※以下、プレスリリース引用

 

 オペレーション「SHADOW LEGACY」では、「スプリンターセル」シリーズより、YEAR5 シーズン3オペレーション「SHADOW LEGACY」が、PlayStation4、Xbox One、PC向けに配信を開始したことを発表いたします。オペレーション「SHADOW LEGACY」では、この新たなオペレーションでは、「スプリンターセル」シリーズより、サム・「Zero」・フィッシャーが新たなオペレーターとして登場し、マップ「山荘」のリワークや多くのゲームプレイの調整を実施いたします。

 YEAR5シーズンパスをお持ちの方は新オペレーターを今すぐにプレイすることが可能です。シーズンパスをお持ちでない方も9月17日以降、名声ポイントやR6クレジットを使用することで新オペレーターを利用いただくことができます。新シーズンの追加要素であるリワークされたマップ「山荘」はすべてのプレイヤーの方が利用可能です。このYEAR5 シーズン3では、10月19日までの、新たなバトルパスも登場します。

 新オペレーション「SHADOW LEGACY」で新たに登場するオペレーター「Zero」は、2つの使用方法があるドリルカメラであるガジェット「アーガスランチャー」を使います。このカメラは、通常の壁や補強された壁、窓、ハッチなど任意の場所に張り付けることができ、カメラを起動すると、攻撃側は、カメラを回転させて壁の向こう側を見ることができます。カメラは、1つ分のレーザーチャージを持っており、防衛側へのダメージや、ガジェットを破壊することができます。また彼の特別な武器「SC3000K」と近接武器「Karambit(カランビット)」も登場します。

 サム・フィッシャーの登場に加え、マップ「山荘」がリワークされます。1階と2階に手が加えられるだけでなく、屋根への移動が可能になります。また、地下の構造を変えるために廊下が追加され、記念品室からサンルームへの階段が追加されます。その他にもゲーム体験の向上を目的とし、いくつかの点を変更しました。

 

<その他の変更点>
・0の導入
・マップBANの導入
・新たなセカンダリーガジェット「Hard Breach Charge」の追加
・新標準器、サイトカラーの追加
・新規補強ポイント

 

「SHADOW LEGACY」101トレーラー

 

「SHADOW LEGACY」ZEROと呼んでくれ

 

ユービーアイソフト公式ブログ「UBIBLOG」

URL:https://ubiblog-jp.com/2020/09/11/r6s-shadowlegacy

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Copyright © eスポーツタイムズ|esports 総合ニュースサイト, 2018~2020 All Rights Reserved.